Apple

傷も味に。経年変化を楽しみながら育てるAirPods Pro用ケース -NOMAD Rugged Case / レビュー

AirPods Proの充電ケースは傷が付きやすく、キレイな状態を保ちたければケースが必須になる。 これまで約半年ほど1,000円前後のシリコンケースを使っていたのだけれど、ポケットへ入れているだけで勝手に外れてしまうほど、シリコンが伸びてしまい使えない状態に。 そこで、前から気になっていた『NOMAD Rugged Case for Air Pods Pro』という、レザー製のケースに変えてみたんですが、これが大正解。 少し、価格が高めではあったけど、デザインもシンプルで使いやすく、ずっと握っていたくなるほど手にも馴染み、何より日々変化するエイジングが楽しい。

NEW
Apple

iPad Pro 11インチでも綺麗に貼れる。ガイド枠付きの安くて質感の高い保護フィルム – Klearlook アンチグレア ガラスフィルム / レビュー

Klearlook(クリアルック)のアンチグレア ガラスフィルムは、安価ながらも品質が良く、iPad Pro 11インチなどの大きい液晶デバイスへも、簡単で正確キレイに貼り付けできるようガイド枠が同梱される。 貼り付け時の注意すべき問題点はあるけど、比較的、簡単で綺麗に貼れたと終わった後に感じたので、ガラスフィルムを貼るのが苦手な人は、ぜひチェックしてみてほしい。

Apple

PCセキュリティ対策におすすめ。スライド式盗撮防止カバー – Webcam Cover(ウェブカメラカバー) / レビュー

これまで、MacBook Proに備わるインカメラ(ウェブカメラ)には、セキュリティ対策として、付箋やシールを貼ってきたけど、どうにも見栄えが悪かったり、使い勝手が悪いことから、長い間どうしようか悩んでいたわけで。 そんなある日、何の気なしにAmazonを物色してたら、Webcam Cover(ウェブカメラカバー)という、ウェブカメラ専用のスライド式盗撮防止カバーが売っていることを知り、早速購入してみました。 結果的に、間違いなく購入してよかったと思える製品ではあったけども、使用デバイスによっては多少難あり要素もあるので一緒にお伝えします。

Apple

レビュー – OAproda iPhone 11 ガラスフィルム – ガイドフレーム付きだから誰でも綺麗に貼れる安価で人気のフィルム

iPhone 11用に購入したOAproda(オーエープロダ)のガラスフィルム。 安価ながらも、ガイドフレームの同梱もされていて、貼り付け後の満足度はそれなりに高い。 何よりレビューが豊富で、装着時のイメージも想像しやすく、安心して購入に踏み切れるガラスフィルムでした。

iPhone

【レビュー】『cheero Type-C to Lightning Cable』機能性と耐久性を持った形状記憶できる便利ケーブル

Appleユーザーに嬉しいライトニングケーブルが登場。 『cheero Type-C to Lightning Cable』は、iPhone、iPad、iPodなどライトニング端子に対応したデバイスをUSB-Cで超急速充電およびデータ転送を可能にする最新の便利ケーブルになります。 また、見慣れしている単色ケーブルとは違いスタリッシュなデザインなのも注目したいポイント。

Mac

【レビュー】MacBookに貼り付けるからどこでも使える高機能ノートパソコンスタンド『MAJEXTAND』

デスクワークをする上でこだわるべきポイントは、自分のカラダに合わせた適切なチェアの高さと、それに合わせたデスクの高さ。 それにプラスして、パソコンを使うとなるとディスプレイの高さにもこだわりたいところ。 外部ディスプレイやデスクトップ型のパソコンであれば、本などを置いてディスプレイの位置を簡単に調整できるのだけれど、ディスプレイとキーボードがセットのMacBook(ラップトップ)はそうもいかない。 そこで導入したいのが、ラップトップ用のスタンド。 今回は、MacBookの底面に貼り付け自宅や出先、どこでもスタンド機能が使える高性能な『Majextand』をご紹介したいと思います。

Mac

【レビュー】4台のデバイスをボタン一つで切り替えできる『SATECHI アルミニウム スリム ワイヤレス キーボード』

SATECHIから新しく発売されたテンキー付きのQWERTYキーボード『アルミニウム スリム ワイヤレス キーボード』。 Macシステムに向け設計された機能やデザインは、テンキー付きキーボードを好む、Macユーザーには嬉しい仕様に。 また、4つのBluetoothデバイスをボタン一つで自由に切り替えのできる同期機能は、便利の一言に尽きる。 手持ちのMacBookやiPad、iPhoneを登録しておけば、シームレスに同じキーボードで文字打ちができてしまう。

PAGE TOP