NOMAD Rugged Case for Air Pods Pro(ノマド ラギッドケース)

こちらが、本革を使用したミニマルなAirPods Pro用ケース『NOMAD Rugged Case for AirPods Pro』。

カラーは「ブラック」の他に茶系の「ブラウン」と「ナチュラル」の3種が用意されている。

また、現在は「Active Rugged Case」という、同じレザーではあるけど、水に強いケースの販売もあるので、購入を検討している人は、そちらも確認してみると良い。

今回僕は、Amazon Payや楽天ペイ決済ができることから、MacPerfectという日本のECサイトから購入しました。

一応、正規の代理店ステッカーが貼ってあったので、安心して購入しても大丈夫だと思います。

ケースの各部詳細について

Rugged Caseケースは、上下2ピースのパーツに分かれiPhoneなどのハードケース系で良く使用されているポリカーボネート構造になっていて、AirPodsをしっかり守ることができる。

また、内部にはマイクロファイバーライニングを施し、内側の傷防止対策もしっかりされています。

表面はオールレザーというわけではなく、上下パーツの側面部は、TPEバンパーが備わり、落下時の衝撃などにも強い仕様になっている。

一見、オールレザーの方がシンプルで良さげに感じるけど、主張しすぎないバンパーが良い感じのアクセントになっている。

上下パーツ共に、ケースの装着方法は簡単で、グッと押し込むだけなんですが普段使っていて外れたり、ズレたりすることはないほどピッタリな設計。

上下パーツのつらもピッチリ揃い、LEDインジケータ位置も完璧。

ケースの厚みが約2mmあることと、ケース重量が17gあるので、少しずっしり感は増す。

背面の設定ボタンは目視では認識しづらいけど、中心当たりを押し込めば少し柔らかい部分があるので、手の感覚だけで操作ができるようにもなっている。

サイドにはストラップホールも完備されているので、ストラップやカラビナへ引っ掛けて使用することもできます。

ケース上部のバンパー部分にNOMADロゴ。

Lightningポートは、広め設計なのでコネクタの大きなケーブル使用も可能となっていて、もちろんQiワイヤレス充電も対応している。

ケースの取り外し方

蓋側の上パーツは、背面のヘコんだヒンジ部分から上へ、ズラす感じでスライドしてやると外しやすい。

下パーツは、Lightningケーブルを挿した状態で上へ押し上げれば簡単に外すことができます。

ポートを傷めないか多少心配ではあるけど、そんな頻繁にすることでもないのでまぁ問題ないでしょう。

どちらを外す時も爪を立てないように。

一応、付属されてきた注意書きの用紙にはこの方法が書かれていました

約2週間ほど使用してみた感想

ちなみに『NOMAD Rugged Case』を購入するまでは、このESRメーカーのシリコンケースを使っていました。

正直、シリコンがガバらなければこのケースで概ね満足してたんですが、製品の問題か、はたまた僕の使い方の問題か、たまたまハズレを引いてしまったか理由は分かりませんが、シリコンケースを購入しようとしている人は、ひとつの事例としてこういった可能性もあるのでご注意ください。

使用しているレザーにもこだわっているようで、確かに手触りが良く無駄に握っていることが多くなった。

購入から約2週間が経ち、当初マットで白っぽかったレザーの表面にも艶が出だし、少し味が出てきた。

レザーは、傷や跡が付きやすいので、爪など気をつけながら使うことにはなるけど、オイルを塗ったりとメンテナンスをしながらエイジングを楽しめ、日々愛着が湧く。

  • 常に握っていたくなるレザーの質感
  • 経年変化を楽しめる
  • デザインだけでなくポリカーボネイトシェル構造で保護性能も優れている
  • 純正並みのフィット感
  • ケース背面の設定ボタンが押せる
  • Qi ワイヤレス充電に対応
  • デザインがミニマル
  • ストラップホール付き
  • ケース重量が約17gと少し重め
  • 天然レザーの為、表面の風合いなど多少当たり外れがある
  • 価格は少し高め
  • 海外から取り寄せするか、日本の代理店が少ないので購入場所が限られる

NOMAD

MacPerfect