工匠藤井 アンチグレア&ブルーライトカット強化ガラスフィルム

こちらがアンチグレアに加え、ブルーライトカット機能も兼ね備えた『工匠藤井 iPhone 12(Pro)用 ガラスフィルム』。

貼付け時のズレを解消するガイドツール付きで質感も高く、安価な価格帯が魅力な製品。

同梱品について

同梱品は以下の通り。

  • 強化ガラスフィルム 1枚
  • ガイドツール
  • クリーニングクロス
  • ホコリ吸着シート
  • アルコールシート
  • 取扱説明書

ガラスフィルムを貼り付けるまでの手順

まずは、アルコールウエットシートで画面全体を拭いた後、ドライシートで水分をキレイに拭き取る。

キレイにならなければクリーニングクロスも使います。

ガイドツールをiPhone 12にセットし、画面にホコリが付着していれば、ホコリ吸着シートでホコリをすべて無くします。

ここでひとつでもホコリが残ってしまうと、空気が混入しキレイに貼れないので、できるだけ素早く丁寧に。

一つ前の画像と比較して画面に反射したカメラの違いもチェック

ガイドツールの片側にピッチリ合わせたら、ガラスフィルムをゆっくり貼り付けていく。

空気が残っている時は、中心から外へ向かってクリーニングクロスを使い指の腹で逃していきます。

ホコリが混入していなければこんな感じでキレイに空気は抜けると思います。

ホコリが入ってしまった場合は、ガラスフィルムが割れないように気をつけながら、ホコリの場所まで浮かし、付属のシール(緑色)を使って除去します。

位置決めの煩わしさがないので、ズレることなく誰でも簡単に貼り付けができると思います。

とにかく気をつけるのはホコリだけ。

ガラスフィルムの特徴

工匠藤井 iPhone 12(Pro)用 強化ガラスフィルムは、ノッチ部分もカバーしたフルガラスフィルムでデザインがスッキリしている。

さらに、内蔵マイク部分(受話口)はメッシュ加工が施され、縁や内蔵マイク部分に溜まりがちなゴミ問題も解消してくれる。

ガラスサイズは画面内に気持ち余裕を持たせたサイズ感になっているので、ケースとの兼用も問題なくできると思います。

ガラスの縁はラウンド加工がされ、端っこの操作時も引っ掛かりなく気持ちよく操作できる。

ブルーライトカット効果はボチボチといったところ。

微々たる効果ではあるけども、正しい色味を必要とするデザイン系の仕事をしている人は、ブルーライトカットモデルはやめておいたほうがいいと思います。

まとめ

本記事では、工匠藤井のiPhone 12(Pro)用 アンチグレア&ブルーライトカット 強化ガラスフィルムを紹介してきました。

約半月ほど使っていますが、さらさらの指すべりでネットサーフィンからゲームまで、とにかく快適。

インカメラの曇りやフィルムの浮き、タッチバグもなく、品質もしっかりしている印象。

価格を考えても満足度は高い。

ノッチ部分も覆ったフルタイプのガラスフィルムをお探しの人は是非。

  • ガイドツールが付属されるのでキレイに貼り付けできる
  • ノッチを含むフルガラスなのでホコリが溜まりづらく見栄えをきれいに保てる
  • 内蔵マイク(受話口)にはメッシュ加工が施され、ホコリが溜まりづらい
  • 縁がラウンドしていて指の引っ掛かりなく端っこの操作ができる
  • アンチグレアとブルーライト機能が備わっている
  • サラサラの指ざわりでタッチ操作がしやすくゲームアプリも快適にできる
  • 指紋が付着しにくい
  • 太陽光や電気の反射を和らげてくれる
  • ブルーライトカットなしのモデルがない
  • アンチグレアなので画面の鮮やかさが落ちる