LIFE

昼夜問わず同じ明るさで撮影したい。初心者こそ導入すべき高性能なLED照明 / Godox SL200W II / レビュー

室内で撮影する写真や動画のクオリティを上げるために必要な機材のひとつとして、定常光ライトというモノがある。 定常光ライトは、名前の通りですが、常に同じ明るさに発光するライト。 写真撮影の際は、フラッシュやストロボライトといった瞬間光のイメージもありますが、そういったライトに比べると撮れる映像も想像しやすく、比較的、初心者でも扱いやすいのが特徴。 ライティングは奥が深く、自分もまだまだ撮りたい絵にはならないけども、室内でのブツ撮りの際、昼夜問わず安定した明るさの環境を作るには必須の撮影機材でもあります。 今回はそんな定常光LEDライト『Godox SL200W II』を紹介していきたいと思います。

LIFE

ペンホルダーに収納しておける便利なUSB-Cケーブル / cheero Type-C to Type-C Smart Flexible Cable / レビュー

持ち運びから使用に至るまで、とにかくスマートに完結できる短いケーブルをひとつ持っておくと何かと重宝する。 今回は、チーロが新しく発売した3種類のケーブルの中から約13.5cmの短さが特徴的な『スマート フレキシブルケーブル』を紹介したいと思います。 サイズや重量も他を圧迫することがないので、常備バッグやポーチに忍ばせておける便利系ガジェットとなっている。

LIFE

AfterShokz OpenComm / テレワークから普段使いまでできる高品質な骨伝導イヤホン / レビュー

コロナの影響で自宅で仕事をするリモートワーク、テレワークが浸透してきた昨今、通話性能に特出したイヤホンをひとつ持っておくと何かと便利だ。 今回紹介するAfterShokz(アフターショックス)の『OpenComm』は、通話をメインに使用しようとしている人にピッタリな骨伝導式のブームマイク搭載イヤホン。

Apple

ゼロハリバートン iPhone 12 mini用ケース / まるでスーツケース。耐衝撃も安心、いかしたデザインでテンション上がる / レビュー

以前使っていたiPhone 7を落として画面を割ってしまった(人生初)ことで、裸族派だった僕もiPhone 12 miniではしっかりケースの着用を義務付けようと心を入れ替えた。 もちろんケースをつけるのであれば、薄型ではなく保護性能を重視で。 そこで購入したのが、以前から気になっていたゼロハリバートンのiPhoneケース。 多少大きく重たくはなってしまうけども、落下などによる保護性能は申し分なく、しかもスーツケースやアタッシュケースを彷彿させる、いかしたデザイン性は数ヶ月使っている今でもテンションを上げてくれる最高のiPhoneケース。

LIFE

デスクトップ&ダッシュボード ホルダー2 / デスクや車に。角度調整がやばいくらい自由にできるポップソケッツ専用スタンド / レビュー

僕のスマホライフには欠かせないアクセサリのひとつになっているポップソケッツ。 ポップソケッツは、アコーディオンのように蛇腹を広げた部分に指を挟むタイプの 落下防止アクセサリで、使っていても劣化が少なく緩む部分もないので長く使えるのが特徴。 多少、慣れであったり、自分に合った貼り付け場所も関係するのだけれど、使い心地は抜群。 今回は、そんなポップソケッツと組み合わせて使用する角度調整が自由自在にできる専用ホルダー(スタンド)のお話し。

Apple

工匠藤井 iPhone 12 mini用 強化ガラスフィルム / ブルーライトカット付きで安定の品質 / レビュー

iPhone 12 mini用のブルーライトカット効果も兼ね備えた工匠藤井の強化ガラスフィルム。 以前にもiPhone 12(Pro)用で紹介したガラスフィルムとモデル自体は同じではあるけども、なぜかiPhone 12 miniに貼り付けるとタッチ感度が低下して操作ができなくなるという問題が起きていた。 当初は、ガラスフィルムの品質に問題があるのかと何度か貼り直しをしてみたりもしたけど結局改善はされず。 今回はその辺も合わせて今は改善されたのかなど、症状についても紹介していこうと思います。

LIFE

ポップグリップ ホルダー / スマホのハンズフリー環境をどこでも簡単に作れるポップソケッツ専用スタンド / レビュー

スマホの落下防止アクセサリとして、ここ数年、僕が気に入って使い続けているポップソケッツ。 ポップソケッツには、もともとスタンドとして使える機能が備わってはいるのだけれど、より自由に場面を選ばず、スマホをハンズフリー化してくれる便利な専用アクセサリも用意されている。 今回は、車のダッシュボードから、洗面所の鏡、寝室やキッチン周り、冷蔵庫、壁など、表面が平らであればどんなところでも使える『ポップグリップ ホルダー』のお話し。

LIFE

Wi-Fi6対応!8,000円以下で買える高コスパな新世代のWi-Fiルーター / TP-Link Archer AX20 / レビュー

自宅のネット回線の調子が悪くなってきたと感じだしたのは、かれこれ1年以上も前になる。 症状としては、「いきなりWi-Fiが切れる」、「ネット速度が不安定」という定番の理由。 結構な悩みのタネではあったのだけれど、予定のない次の引っ越しのときに見直せばと、これまでだましだまし生活していました。 もちろんできることはと、Wi-Fiルーターの初期化やモデムの見直し、プロバイダーに問い合わせをしたりもしましたが、結果、Wi-Fiルーターを交換することで我が家のネット問題は解決しました。

PAGE TOP