POPSOCKETS(ポップソケッツ)ポップグリップ ホルダー Black

こちらが今回紹介する、車やデスク、寝室、洗面所など、表面が平らな場所なら簡単にスマホスタンドを作ることができる『ポップグリップ ホルダー』。

現在は、進化した「ポップグリップ ホルダー2」の販売もされており、ホルダーの形状や、使い方が少し違うので、購入する際は、用途に合わせて選ぶことをおすすめする。

カラーは、シンプルなブラックやホワイトの他、ピンクや暗闇で発光するモデルもある。

同梱品について

ポップグリップ ホルダーの同梱品は以下の通り。

  • ポップグリップ ホルダー本体
  • 交換用の両面テープ
  • 英語表記の取扱説明書

各部の詳細や使い方について

ポップグリップ ホルダーは、ポップソケッツ専用のアクセサリになり、スマホの背面にポップソケッツを装着していることが大前提。

ポップグリップ ホルダーの厚みは約12mm、重量もわずか約5gと、とにかく無駄を無くした必要最低限のデザインが特徴的。

使い方は、至ってシンプルでポップソケッツを縮めた状態にし、上からスライド

させれば、スマホをホールドすることができる。

ポップグリップ ホルダー2はポップソケッツを広げた状態でセットできるようホルダー部に厚みのあるデザインになっており、全体的に少しボリューミーになっている

本体の裏面にある3Mの両面テープを好きな場所へ貼るだけでセットは完了。

はじめてのセット後は、約12秒両面部分グッと押し続け、すぐには使わず約8時間ほど置くことでしっかり貼り付けできるよう。

冒頭でもお伝えしたように表面が平らな場所でないと、いざスマホをセットした後、ホルダーごと剥がれて落下させてしまう可能性もあるので設置場所にはご注意を。

ちなみに旧タイプのポップソケッツも装着はできるよう。

使用例

こちらは、デスクの側面に設置した使用例になります。

両面テープのサイズが約23mmくらいあるので、それ以上の場所なら設置は可能となる。

ポップグリップ ホルダーも全体的に丸みを帯びたデザインになっているので、ある程度適当にスマホを持っていってもスルッとセットすことができ、ここまで使いやすいとは思っておらず、使い心地の良さには驚いた。

また、設置後に横へ向ければ、その位置でしっかりキープもしてくれる。

ポップソケッツの貼り付け位置によってはバランスを取れず横向きができない場合もある

上下左右に縛りはないので、もちろんケーブルによる充電もできます。

個人的には、作業中視界に入りやすいモニター近くにスマホを置きたいと思っていたのですが、最近のモニターはベゼルレスで貼り付けできるスペースがない。

この点、iMacであれば、下部に十分なスペースがあるので理想的なスタイルになりそう。

結果、付箋を貼り付けるモニターメモボードにポップグリップ ホルダーをセットすることで解決できた。

同じように考えている人は参考までに。

まとめ

本記事では、ポップソケッツ専用のスタンド『ポップグリップ ホルダー』を紹介してきました。

使用例では、デスクのみの紹介にはなりましたが、他にも車のダッシュボードへ設置してナビを見やすくしたり、洗面所の鏡へ設置し髪を乾かしながら動画を見るなど、使い方ひとつで、ポップソケッツをより便利にしてくれる最高のホルダーとなっている。

  • 横向きでも位置をキープできる
  • 設置が簡単
  • 強調しないシンプルなデザイン
  • 機能や品質は申し分ないがコスト面を考えると価格は高め

過去の記事はこちら

ポップソケッツ