タグ一覧

クーポン情報

Amazon COUPON クーポン一覧はこちら
iPhone

【レビュー】充電中も音楽が聴けるMFi認証の安心・充電スタンド『dodocool Lightning 充電クレードル』

本日は、「iPhone」と「iPod touch」で使える『dodocool Lightning 充電クレードル』をご紹介したいと思います。

この製品の特長は、安心して使用できるMFi認証の充電スタンドであること、3.5mmオーディオケーブルを使って充電中でも音楽を聴けること、microUSBケーブルで電源を確保できることが上げられます。

良いところだけでなく、用途や状況によっては問題な点もあったので合わせてご紹介していきたいと思います。

 

 

MFi認証だから安心して使える『dodocool Lightning 充電クレードル』

まずはパッケージから。

このうえにビニールで梱包された状態で届き、そこから取り出したのがこれ。パッケージサイズが合っておらず、付属の充電ケーブルがそのままっていう…。

せっかくMFi認証しているちゃんとした製品なだけにこれは残念…。

 

さてさて、気を取り直して内容物ですが、充電ドック本体(クレードル)の他に、プレートmicroUSB/USBケーブル、日本語対応の取扱説明書となる。

 

ドック本体は、シリコン系のマットな質感でカラーはブラックになります。

底面には滑り止めのラバーが敷かれ、質感はなかなか良さげ!

 

まずは、「iPhone」と「iPod touch」をより安全に支えてくれる背面プレートをドックの穴に差し込む。

※注意プレートには透明フィルムが貼ってあります

 

プレートをセットするとこんな感じで適度な傾斜がついている。

 

ドックに備わったライトニングコネクタは前後に可動し、デバイスを充電する際に角度に気を付けることなく挿し込むことができます。

 

ドックの背面には、電源用のmicroUSBポートと3.5mmイヤホンジャック。

電源ケーブルが一体型になってたり、ライトニングじゃないのはグッドなポイント!microUSBケーブルなら、どの家庭でもひとつは余っているだろうし、どこでも手に入りますしね。

 

付属のmicroUSB/USBケーブルは、100cmのフラットタイプ。

 

ケースなしのiPhone 7を充電してみた

まず初めに試したのは、ケースを外しハダカの状態のiPhone 7。

もちろん問題なく充電できております。

 

iPhoneを立てるまでは、結構可動域があるのでは?と思っていたコネクタ部分、実際に立ててみるとあまり後方には倒れないよう。これ背面のプレートを外してもあまり角度の変化はありません。

なのでデスクなどにセットした際、ある程度(最低30cmくらい)距離がないとiPhoneの画面は見づらい。

プレートは付けても付けなくても良いみたいです

 

ライトニングコネクタ部分はこんな感じになっている。

ケースなしの状態でもあまり高さに余裕がないため、ケースによっては使用不可の可能性は高い。

 

厚みのあるiPhoneケースを装着して充電できるか試してみた

僕が保有するiPhone 7用ケースの中で1番厚さのあるiPhoneケースで試してみたいと思います。使用するのはSimplismの「Fablex」というiPhoneケースです。

関連記事【レビュー】角ばった感じが新鮮!耐衝撃でもスマートなiPhone 7/7 Plus用ファブリックケース『Simplism Fablex 』 

 

このケース、ライトニング部分の穴が結構広めなんですが、干渉して最後まで挿さらないという結果に…。

この結果からライトニングの穴は、最低でもW12mm×H7mm以上のサイズ、もしくは、下部がオープン型のケースでない限りこの『dodocool Lightning 充電クレードル』を使うのは厳しいと思います、ご注意を!

 

また厚みのあるケース利用の際は、背面プレートと干渉し角度が限定されます。

この場合は背面のプレートを外して使用すれば問題ありません。

 

他にもバンカーリングなどの落下防止リングを使っている場合も同じく…

 

プレート後方の溝を使えば横置きスタンドとして使うこともできるため、ハダカや極薄ケースでない限り背面プレートは外して使用するのが吉!

 

他にも充電中にイヤホンやスピーカーから音を流したくなったら、背面のイヤホンジャックを使えば、音楽を流すことができます。

クレードルは、その名の通りコネクタ一体型のスタンドなため、ケースなどアクセサリによっては、どうしても使用できるデバイスは限定的になってしまう。

ただ、使用できるのであれば、デスクに無造作に置かれたiPhoneより、しっかりとスタンドに設置されている方が見栄えがすっきりとスマートなのは間違いない。

価格も安価なため、ライトニングケーブルの購入を検討している人で、スマホ環境がマッチしそうなら、クレードルの購入をおすすめします。

気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

 

クーポン2017年05月15日まで使えるクーポン情報があります

この記事の

シェアボタン