iPhone

常識??iPhone 6 / 6 Plusを使ったワンランク上の動画(ビデオ)撮影【設定方法】

iPhone 6 / 6 Plusを使って動画を撮っているあなた、そうっあなた!!

いま撮っている映像は、二度と撮ることできませんよ。

せっかくビデオを使って撮るなら綺麗な映像で素敵なメモリー残しましょう。

「60fps」でカックカク映像を滑らかにする設定方法

「60fps」とは

「60fps」とはフレームレート、つまり1秒間に60枚の静止画を使っているということ。

ちなみにiPhoneのデフォルトは「30fps」となっているのでカクカクする映像がこの設定でより滑らかに撮れるようになります。

デフォルトの映像で満足している方なら「60fps」に設定すれば、より満足できるムービーが残せるだろう。

 

「60fps」設定方法

57_1

「設定」→「写真とカメラ」

 

57_2

下の方にある「60 fpsでビデオを撮影」にチェックを入れたら設定は完了。

カメラアプリ起動→「ビデオ」にして「60FPS」と表示されていればOK。

 

もちろんデータ量はデフォルトの「30fps」の時より大きくなるので質より量派の方はデフォルトのままでいいと思います。

データを別で保存されている方やどうせ撮るなら綺麗に滑らかに撮りたいという方におすすめする設定方法でした。

CONNECT