【レビュー】パンダフェイスが可愛い新ダンボーモバブ!cheero Power Plus Danboard Version 13400mAh

昨年末に発売されたcheero Power Plusシリーズのダンボーバージョン。
容量は、10050mAhと13400mAhと2パターンが同時に発売された。
当サイトでは、ダンボーがパンダ顔と化した「パンダホワイト(13400mAh)」をご紹介していきたいと思います。

cheero Power Plus Danboard Version 13400mAh パンダホワイト

こちらが今回ご紹介する『cheero Power Plus Danboard Version 』。

特徴は、USB-Cの入出力ポートを搭載しているため、PD 3.0(Power Delivery)対応デバイスを急速充電できることや、バッテリー本体を充電する際にもUSB-Cにて急速充電が可能となっている。

細かいスペックは過去にレビューした「Power Plus 4 13400mAh」とほとんど変わらないけど、入出力ともにPD時5V/2.4A→5V/3Aへと変わっている。

カラーは両サイズともに全5種、カラフルなダンボーが楽しめ、中でも容量13400mAhには、迷彩柄の「カモフラ」とパンダ顔の「パンダホワイト」バージョンがある。

同梱物のご紹介

同梱物は以下の通り

  • Power Plus本体
  • 本体充電用USB-C to USB-Cケーブル
  • 本体充電用USB-A to USB-Cケーブル
  • オリジナルポーチ
  • 取扱説明書、保証書(1年保証)

USB-Cが主流になってきてはいるがまだまだ変換期。

USB-Cに対応していないUSB充電器をお使いの人でもモバイルバッテリーを充電できるよう「USB-A to USB-Cケーブル」の同梱されている。

また、別売りにはなるが「cheero USB-C PD Charger 18W」を介して充電することで最大18Wの超急速充電が可能となっています。

モバイルバッテリーを詳しくチェック

通常のダンボーフェイスの目の周りに黒いペイントを施しただけですが、パンダホワイトめちゃくちゃ可愛い。

女性や子供へのプレゼントとして良いかもしれませんね。

上部には、電源ボタン、USB-C(PD 最大18W)の入出力ポート出力専用の5V/2.4AのUSB-Aポートの2ポート搭載。

電源ボタンを押すことでバッテリー残量(4段階/LEDカラー:イエロー)の確認ができる。

PD対応のUSBアダプタや充電器を使えばバッテリー本体は約3時間半でフル充電が可能となっている。

cheero Power Plus 4 13400mAhとの比較

前述したとおり、「cheero Power Plus 4 13400mAh」との違いは、PD時5V/2.4A→5V/3Aへの変更と可愛いダンボーデザインになったことくらい。

サイズも同じですし、重量も数グラムの違い(個体差があるため同じ)だったので。

約1ヶ月使用してみた感想

最大18Wということで、MacBook Proの充電には向かないがスマホはもちろん、娘への誕生日プレゼントとして、PayPay利用で購入した任天堂スイッチとの相性は抜群。

USB-Aポートを使うことで同時充電ができる点も魅力です。

同梱されるポーチは質感も良く可愛いため、小物やケーブルケースとして使用するのもいいかもしれません。

メーカー説明によると、iPhone ⅩSなら0%〜約75%までを約45分間で充電できるとのことで、スペック・品質ともに間違いないモバイルバッテリー。

TAG

CONNECTION