Twitter campaign
ガジェット

【レビュー】「iPhone 8/X〜」を急速充電できるPD対応モバイルバッテリー『cheero Power Plus 4 13400mAh』

パソコン、スマホ、カメラ、ゲーム機器など、対応デバイスが増えてきたことで、だんだんと主流になりつつある、USBの新規格「USB Type-C」。

それに合わせてモバイルバッテリーも、PD(Power Delivery)にて急速充電に対応したモノも増え、容量よりも入出力を重視したニーズが増えてきているように感じる。

cheero Power Plus 4 13400mAh

こちらが今回ご紹介するcheeroの新しいモバイルバッテリー『Power Plus 4 13400mAh』。

特徴は、USB-Cの入出力ポートを搭載し、PD対応デバイスを急速充電することができる。

もちろん、モバイルバッテリー本体もUSB-Cにて充電するため、急速充電が可能となっている。

製品名cheero Power Plus 4 13400mAh
型番CHE-095-BK
バッテリー容量13400mAh 3.6V(48.24Wh)リチウムイオン
入力USB Type-C(PD)DC 5V/2.4A,9V/2A,12V/1.5A
出力USB Type-A : DC 5V/2.4A max.(Auto-IC機能搭載)
USB Type-C(PD)DC 5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A
(2 Ports total 18W)
サイズ約92×80×23 mm
重量約250g
本体充電時間約4.5時間(USB-C PD 18W対応のUSBアダプタ使用時)
対応機種iPhone各種、iPod、iPad各種
USB Type-C/micro USB対応スマートフォン/タブレット/パソコン/Wi-Fiルーター

 

同梱物のご紹介

同梱物は、『Power Plus 4 13400mAh』本体の他に、本体充電用のUSB-C to USB-Cケーブル、取扱説明書となる。

 

内蔵バッテリーの違いから、幅は広くなっているがこれまでのPower Plusシリーズと素材や形状はほとんど変わらない。

カラーは、現状「ブラック」1色のみの展開となっています。

 

上部には、電源ボタン、USB-C(PD 最大18W)の入力兼出力用ポート、出力用の5V/2.4AのUSB-Aポートの2ポートが搭載。

 

電源ボタンを押すことでバッテリー残量(4段階)の確認を行うことができます。

 

Power Plus 3 10050mAhとのサイズ比較

僕が普段持ち歩いている「cheero Power Plus 3 10050mAh」と、サイズの比較をしてみました。

 

サイズ的には、内蔵されている電池1本分が増えた感じ。

 

充電について

各デバイスへの充電は、USB-CポートとUSB-Aポートの両方から同時に充電することができる。

USB-Cポート単体使用時は最大18W、同時使用の場合は2ポート合わせて最大18W出力となっています。

 

モバイルバッテリーのUSB-CポートへMacを繋げると、どちらが充電されるのか気になったので試してみることに。

 

結果、モバイルバッテリーではなく、Mac側の充電が開始されました。(ですよね。)

充電は開始されましたが、87W必要な15インチMacBook Proへの充電には対応していないのでご注意を。

 

『Power Plus 4 13400mAh』本体を充電する場合は、USB-Cポートが搭載されたUSB充電器(PD対応製品なら尚良)などを使う必要がある。

 

また、付属のUSB-Cケーブルは、モバイルバッテリー本体を充電するためだけ用のものになるので、各デバイスを充電する際には合わせてご注意ください。

 

まとめ

Apple純正のLightning to USB-Cケーブルなど、規格にあったケーブルを使うことで、iPhone Ⅹなら45分間で0%から約74%まで充電可能なようです。

普段使いしているPower Plusシリーズにやっと登場したUSB-C(PD対応)ポート搭載のモバイルバッテリーということもあり、個人的にマストアイテムになりそう。

  • USB-Cで入出力充電できる
  • 最大18WのUSB PD(Power Delivery)に対応
  • 2台のデバイスを同時に充電できる
  • 今後発売されるガジェット類でも使える
  • メーカーの信頼性
  • USB-Cポートが完備された充電器、もしくは変換コネクタが必要(付属品で完結させる場合)
  • スペックアップされているけど目新しさはない

cheeroオフィシャルサイト

CONNECT