Twitter campaign
ガジェット

【レビュー】音楽を聴きながら充電したい!を叶えてくれる『cheero Earphones with charging dock』が便利で良い感じ

iPhone 7/7 Plus 以降イヤホンジャックがなくなり、有線接続で音楽を楽しむには、これまで主に充電などで使用していたライトニング端子へ接続する必要がでてきた。

iPhone を薄くするためや防塵防滴のためなど仕様変更の詳しい事情は知らないが、個人的にイヤホンジャックは残しておいて欲しかった・・・。

その理由として第一に上がるのは、有線で音楽を聴いている時に充電ができなくなるってのが一番の難点ではないだろうか。

そもそも、なら無線で接続できるBluetoothイヤホンやヘッドホンを使えば良いのでは?というお声も聞こえてきそうですが、充電が面倒であったり、ペアリングの方法が分からない接続が不安点なんじゃ?、って人も多いはず!

今回は、そんな人におすすめする『cheero Earphones with charging dock』という音楽を楽しみながら充電もできるイヤホンをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

音楽と充電を同時にできるiPhoneユーザー「有線派」の人要チェックなイヤホン

こちらが先月発売されたチーロの『cheero Earphones with charging dock』という、3.5mmイヤホンジャックの無くなったiPhoneで音楽再生や通話をしつつ充電もできてしまう便利なライトニングイヤホン。

 

カラーは、こちらの「ブラック」と「シルバー」の2色が用意されている。

 

付属品は、イヤホン本体の他に「S・M・L」のイヤーキャップ(Mサイズはイヤホンに装着済み)となる。

 

イヤホンはカナル型でハウジング部の素材は多分アルミ製。

Apple社の高音質モジュールLAM(Lightning Audio Module)を搭載し、音楽再生では楽器の細部まで、広い音域と厚い重低音を再現する。また、マイクも高性能で鮮明かつクリアに通話ができる。

 

左右のケーブルが交わった先にスマートコントローラーが搭載されています。

このイヤホンで面白かったというか新鮮だったのが操作方法。よくボリュームボタンを長押しで前後の曲移動が操作に割り振られていることが多いが、ボリュームアップとダウンボタンは単一機能となっている。

では曲移動できないのか?と言うとそうではない。

真ん中の「再生/停止」ボタンを2クリックで「次に進む」3クリックで「前に戻る」操作ができます。

 

イヤホン最大の特徴でもあるポイントがこちら。

Lightning端子から片方はイヤホン、もう片方が充電用のライトニングコネクタと二股に分かれている。

若干、充電側のコネクタは大きく感じたが、これのおかげで非常に快適に使えている。

 

音楽を楽しみつつ充電もしている使用例はこんな感じになっている。

 

スペック

駆動方式ダイナミック型
ドライバーユニット直径1cm
ケーブル長120cm(±10%)
レスポンス85dB(±5dB)
再生周波数帯域20Hz〜20KHz
最大出力20mW(max)
インピーダンス32Ω
対応機種各種iPhone/iPad/iPod
保証1年保証

 

 

専用アプリをインストールすればイコライザー調整や今後ファームウェアのアップデートもできる

App Storeから「CheeroEar」アプリをインストールすると、EQ(イコライザー)調整が可能。

ダウンロード後、アプリを起動すると「Please connect the Audio Device」とオレンジのテキストが表示されたので、イヤホンを接続してみると「Connecting to the device…」と変わりました。

CheeroEar
ユーティリティ無料iOSユニバーサル

 

真ん中の画像がデフォルト画面。

丸いシルバーのボタン右側にある「VOL」を押すと下にボリューム設定のバーが表示される(コントローラーやサイドボタンがあるのに必要かはさて置き)。

左側の「EQ」を押すと「FLAT(デフォルト)」「BASS」「POP」のプリセットから設定ができる。聴く音楽にもよると思うが僕が試した感じ劇的に音質が変化することはなく、気持ち高音(POP)と低音(BASS)が強調される程度のように感じた。

真ん中の「歯車アイコン」を押すと詳細とファームウェアアップデートができる。ファームウェアアップデートは、iOSのバージョン毎に最適な音質にアップデートがされるようです。

 

『cheero Earphones with charging dock』は、特別音質が優れているわけではないが決して悪くない。(ケーブルを外すとプリセット設定がリセットされるためアプリは使っていない)

Bluetoothイヤホンのように、設定や充電などのわずらわしさが嫌いな有線派の人なら機能面を考えてもおすすめだ。

販売価格3,680円で購入できる。

気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

 

CONNECT