Twitter campaign
Mac

サクサク動作にできるかも!「macOS High Sierra」を外付けのHDD/SSDにインストールしてそこから起動させる方法

古いMacでは可能だった自作カスタマイズによる内蔵ストレージの換装ですがそれも今のMacでは難しくなっている。

そのため、換装できるモデルであれば簡単に内蔵ストレージを増やしたり、HDDをSSDに変えたりもできるが、自作カスタマイズができないモデルの場合は、外付けのHDDもしくは、SSDにmacOSをインストールしてそこからOSを起動させる方法があります。

外付けHDD/SSDにmacOSをインストールさせる理由

そもそも何のためにMacOSを外付けのHDDもしくはSSDにインストールさせるのか?

簡単ではありますがその代表的な理由は以下ではないでしょうか。

  • 内蔵ストレージの調子が悪い
  • 内蔵ストレージがHDDでアプリ起動など処理速度に不満がでてきたため、SSDに変えてサクサク動作にしたい
  • OSのバージョンアップによるアプリの不具合チェック…などなど

上記理由に当てはまる場合は、外付けストレージをご用意の上、これからご紹介する方法を試すといいかもしれません。

 

macOS High Sierraを外付けHDD/SSDにインストールして、そこからOSを起動させる方法

ディスクユーティリティ.appでHDD/SSDのフォーマット

OSをインストールさせたいHDDもしくはSSDをMacに接続させたら、SpotlightやLaunchpad、アプリケーションフォルダなど任意の方法で「ディスクユーティリティ.app」を起動させます。

 

サイドバーからインストールしたい目的のHDD/SSDを選択し、「消去」を選択します。

 

名前の欄(名称未設定)に任意で名前を付け、フォーマットを「Mac OS拡張(ジャーナリング)」になっていることを確認したら「消去」を選択します。

フォーマットをすると、データが入っている場合はすべて削除されるのでご注意ください。

フォーマットが無事に完了すればひとまず下準備は終わりです。

外付けHDD/SSDは、接続したままにしておいてください。

ちなみに名前の欄に「Macintosh HD」と記載していますが、僕はHDD名を入力しています

 

App StoreからmacOSをダウンロード

次にApp Storeを開き、「macOS High Sierra」(記事執筆時点の最新OS) をダウンロードします。

 

ダウンロードが完了すると自動で「macOS High Sierra」のインストーラが起動するので、「続ける」を選択しインストール作業を進ます。

 

規約をしっかりと読んで問題がなければ「同意する」を選択。

 

OSのインストール先を選択するので「すべてのディスクを表示…」を選択します。

 

先ほどディスクユーティリティにてフォーマットしたディスクを選択したら「インストール」を選択。

 

外付けHDD/SSDにインストールが開始されます。

 

インストールの準備が終わると、お使いのMac自体を再起動させる必要があるため、問題なければ「再起動」を選択。

インストールを完了させるには30分〜1時間くらいかかったと思うので、気長に待ちましょう。

 

インストールが終わると、外付けHDD/SSD側のmacOSが立ち上がるので、最後に初期設定をしていきます。

Apple IDなど特に設定せずに使いたい場合は、「後で設定」でスキップできます。

 

これで外付けストレージへmacOSを無事にインストールができたと思います。

 

内蔵と外付けOSの起動切り替え

内蔵OSか外付けOSどちらかを起動中、もう一方のOSで起動させたい場合は、「システム環境設定」→「起動ディスク」を選択します。

 

左下の「鍵アイコン」を選択後、ログインパスワードを入力し、ロックを解除させたら、変更したいディスクを選択の上で「再起動」をクリックすれば、再起動が開始され、選択した側のOSで立ち上がります。

 

(※写真は参考)

以後、Macの電源がオフの状態から外付けHDD/SSDのOSを立ち上げるには、「Startup Manager」を使います。

手順は以下の通り

  1. MacにOSがインストールされた外付けHDD/SSDを接続させておく
  2. Macの電源を入れた直後またはMacを再起動した直後にoptionキーを押し続けます
  3. Startup Managerのウインドウが表示されたらoptionキーを放します
    Macがファームウェアパスワードで保護されている場合は、パスワードの入力画面が表示されたらキーを放せます
  4. 起動ディスクを選択し、そのアイコンの下の矢印をクリックするか、returnキーを押します
    この手順をcontrolキーを押しながら行うと、選択内容がシステム環境設定の「起動ディスク」に保存され、自分で変更しない限りそのまま記憶されます

※Startup Managerを使って起動ディスクを選択した場合、Macはそのディスクから一度起動し、その後は再びシステム環境設定の「起動ディスク」で選択されているディスクを使うようになります。

CONNECT