クーポン情報

Amazon COUPON もっと見る 掲載希望はこちら
iPhone

iPhoneの『Live Photos(ライブフォト)』オンオフ切り替え&通常の写真へ変換する方法

「Live Photos(ライブフォト)」は、iPhone 6s/6s Plus(iPhone SEも)から使える新しいカメラ機能のひとつで写真モードで撮影した(シャッターを押した)写真の前後1.5秒ずつ、合計3秒の動画(映像&音声)を保存できる機能になります。

今回は「Live Photos」のオンオフ切り替え方法や「Live Photos」で撮影した写真を通常の写真へ変換する方法をご紹介したいと思います。

 

「Live Photos(ライブフォト)」で写真を撮影する方法

258_1

ホーム画面から「カメラ」アプリを起動し、撮影モードが「写真」になってるのを確認したら画面上部に「Live Photos」アイコン(真ん中)をタップします。

 

258_2

タップしアイコンが黄色くなれば「Live Photos」がオンになっている状態。再びアイコンをタップすればオフにすることができます。

「Live Photos」で撮影した写真は、「写真」アプリから確認することができます。

確認方法は写真を選択後、画面を強く押し込むと音声付きで再生されます。

 

「Live Photos」で撮影した写真を通常の写真へ変換する方法

258_3

「写真」アプリを開き「Live Photos」で撮影した写真の詳細画面から左下にある「共有」アイコンをタップ→「複製」→「静止画像として複製」を選択すれば通常写真としてカメラロールにコピーされます。

「Live Photos」で撮影した写真は通常撮影時よりもファイル容量が大きくなるため、iPhoneのストレージがいっぱいになってきた場合などに静止画像に変換させるといいかもしれません。

※「静止画像として複製」しても複製なのでもちろん元データは残ります。容量節約が目的の場合は「Live Photos」で撮影した写真側を削除しないと余計に容量を増やすことになるのでご注意くださいね。

Share Happy!?

PAGE TOP