Apple

【レビュー】これが本物!MADE IN USA「WOOD SKIN FOR iPhone 6」バックプレート

62_main

”本物の木材”を使用したアクセサリで注目を集める「Lazerwood Industries (レーザーウッド インダストリーズ)」より2015年4月29日に発売された「WOOD SKIN FOR iPhone 6」のバックプレートは、デザイン・技術共にとても評価が高い。

リアルウッド+ハンドメイドということもあり、決して安い値段ではないが、同じデザイン(木目)のものは、ふたつとなく世界に一つだけのプレートを手にすることができる。

他にも時間を掛けて木の経年変化を楽しむことができるウッド好きにはたまらないiPhone 6のプレートではないだろうか。

 

提供:株式会社リンクスインターナショナル
https://www.links.co.jp/

 

こだわりのiPhone 6 用バックプレート

62_1

今回ご紹介するのは、全5種類ある木目のラインナップの中から「バンブー」、「ブラック」、「チェリー」、「ウォールナット」の4カラー。

手元にない残りの1種は、「メープル」となる。

 

62_2

裏のパッケージは、こんな感じ。

 

62_3

プレートは、接着面を汚さないシールになっていて、iPhone 6の背面にペタッと貼るだけの気軽さ。早速それぞれ詳しく見ていこう!

 

「WOOD SKIN FOR iPhone 6」チェリーの内容物の紹介と装着

62_4

これが「チェリー」カラーとなる。

 

62_5

開封はパッケージの裏から簡単にできるようになっている。

 

62_6

内容物は、バックプレート、画面の保護フィルム、クロスとなる。
保護フィルムは、何枚あってもスペアとして置いておけるので嬉しいですね。

 

62_7

iPhone背面にある「Dライン」に合わせる事で綺麗にプレートを貼ることができる。プレートのサイズは、61mm(W)×133mm(H)。

 

62_8

ラグジュアリー感パね〜。

 

62_9

62_10

62_11

「Dライン」に合わせたプレートサイズが見ていて気持ちがいい。

 

62_12

プレートの厚さは、約1mm。
重さは、わずか5gと超軽量。

 

62_13

「チェリー」を持つとこんな感じ。

 

 

「WOOD SKIN FOR iPhone 6」ブラックの装着

62_14

続いては、ブラックの装着した様子を見てみたいと思います。

 

62_15

プレートは、このようにシール式なのでとても簡単に取り付けができる。

 

62_16

62_17

個人的にブラックがツボです。

 

62_18

62_19

62_20

幅やカメラ部分の切り抜き具合も完璧です。

 

62_21

「ブラック」を持つとこんな感じです。
ただのブラックプレートではなく、リアルウッドのブラックがイイ味を醸し出しています。

 

「WOOD SKIN FOR iPhone 6」ウォールナットの装着

62_22

続いては、ウォールナットの装着した様子を見てみたいと思います。

 

62_23

62_24

ペタッと。

 

62_25

62_26

62_27

62_28

62_29

62_30

「ウォールナット」を持つとこんな感じ。

 

「WOOD SKIN FOR iPhone 6」バンブーの装着

62_31

お次は、バンプーのご紹介。
これだけ木ではなく、竹素材となる。

 

62_32

62_33

62_34

62_35

62_36

「バンブー」を持つとこんな感じ。
バンブーも以外によかった。

 

付属の保護フィルムは、どんな感じ?

62_39

フィルムの横幅は、画面の幅ギリギリ部分までのタイプ。
端まで貼れるタイプではありませんでした。

 

62_37

62_38

カメラ部分などしっかりとくり抜きがされています。

 

「WOOD SKIN FOR iPhone 6」の感想

「WOOD SKIN FOR iPhone 6」は、iPhoneを保護するものではなく、あくまでリアルウッドのデザインや質感を楽しむものだと思いました。

本物の木を使用しているだけあって木目がキレイで手触りもサラサラしていて違和感なく、手に馴染む感じがたまりませんでした。

最近は、北欧家具も流行っているので自宅の家具なんかと合わせると面白いかもしれません。

気になる方は、チェックしてみてください。

 

PAGETOP