Twitter campaign
ガジェット

【レビュー】木のぬくもりをそっとデスクに。『cheero Danboard Wireless Speaker』

2018年6月12日、ダンボーバッテリーでお馴染みのcheeroは、ダンボーシリーズ初のワイヤレススピーカー『cheero Danboard Wireless Speaker』の発売を開始しました。

筐体にはリアルウッドを使用し、同じ色味や柄は2つとない、何とも愛着の湧きそうなBluetoothスピーカーとなっています。

cheero ダンボーワイヤレススピーカー CHE-617

今回ご紹介するのは、新発売の『cheero Danboard Wireless Speaker』。

スペック

サイズ約70×46×50mm
重量約105g
入力5V /300mA
出力3W(最大)
BluetoothバージョンVer. 4.2
対応コーデックSBC
連続再生時間約7時間
バッテリー容量3.7V/700mAh
素材チェコ産ブナの木を使った無垢材
保証1年間

 

パッケージにも記載があるように『ダンボーワイヤレススピーカー』は、チェコ産ブナの木を使った無垢材で作られたリアルウッドのコンパクトスピーカーとなる。

 

内容物のご紹介

内容物は、スピーカー本体の他に、充電用のmicroUSBケーブル、有線用のAUXケーブル、取扱説明書(保証書)となる。

 

細部をチェック

筐体は、店舗購入の場合であれば在庫の中から自分好みの木目や柄を選べるが、ネット購入の場合は届くまでどんな表情(木目)のダンボーが届くかは分からず、届いた時のワクワクを楽しめる。

 

本体背面には、有線用のAUX端子、マイク、電源ボタン、LEDインジケータ、microUSB端子が並ぶ。

 

底面には、滑り止めと傷防止の役割を果たすラバーが一面に敷かれています。

 

気になるスピーカーはというと本体天面に。

音質は、高音・低音抑えめなフラットよりの音質で、まずまずといったところ。

コンパクトなサイズですが、音量は結構出るので屋外使用でも十分活躍してくれそう。

動画視聴の際、有線であれば音の遅延はほとんどなく、Bluetooth接続の際は観ていて不快に感じたり気になるほどではないけど、ほんの気持ち程度、音声が遅れて聞こえているような感じがした。

内蔵されるバッテリー容量は700mAhで、約7時間の連続再生ができます。

 

ペアリング方法

電源ボタンを長押しするとLEDインジケータが点滅します。

これでスピーカー側の準備は完了。

 

接続したいデバイスのBluetooth設定を開き「CHE-617」をタップし「接続済み」となればペアリングは完了です。

ペアリングが完了すると「点滅」していたLEDインジケータは「点灯」へ変わります。

 

『ダンボーワイヤレススピーカー』は、2台用意することでTWS(ステレオ再生)も可能となっています。

また、電話が掛かってきた際には、電源ボタンを押すと通話ができるので、まるでダンボーとおしゃべりをしているような面白い感覚に。

 

付属のAUXケーブルを使えば有線接続でスピーカーを使用することもできます。

 

有線接続時の注意点としては、有線でもスピーカーの電源は入れる必要があるのでスピーカー内蔵のバッテリーは減っていく。

使用しながら同時に充電もできるのでさほど問題ではないですけど。

 

新発売の『cheero Danboard Wireless Speaker』は、Amazon、楽天、Yahoo!で販売中。

通常3,680円(楽天とYahoo!は3,780円)が初回500個限定で2,980円(楽天とYahoo!は3,080円)で販売されています。

記事執筆時点ではまだ限定数に達していないようなので、購入を検討されている人は、お早めに以下のリンクからどうぞ!

cheero

CONNECT