タグ一覧

クーポン情報

Amazon COUPON もっと見る 掲載希望はこちら
ガジェット

『Synology DS218j(NAS)』DSM画面の紹介(DiskStation Manager)

この記事では、先日ご紹介しました『Synology DS218j』の購入を検討している人や、購入はしたもののあまりDSM画面がよく分からない人などへ向けて、DSM(DiskStation Manager)のウェブブラウザ画面をご紹介していきたいと思います。

 

ブラウザ上であらゆる操作や設定ができるDSM

こちらがブラウザ上で表示されるDSMのデスクトップ画面になります。

注目左上の「メインメニュー」左側のバースペースをクリックすると、開いているすべてのアプリケーションとパッケージ画面が最小化され、デスクトップが表示される

 

メインメニュー

左上の「メインメニュー」ボタンをクリックすると、インストールされているアプリケーションとパッケージが表示されます。

 

よく使うアプリやパッケージはドラッグ&ドロップすることでMacやWindowsのデスクトップ画面と同じように、ショートカットを作成することができます。

 

また、ドラッグ中にアイコンを重ねることで、グループ作成もできます。

 

通知のお知らせリスト

右上の項目のひとつ「通知」アイコンをクリックすると、セキュリティやアップデートなど様々な通知を確認することができる。

新しい通知があればアイコン上にバッジ(新規通知数)が表示されるため、セキュリティに異常があった場合など迅速に対応ができる。

 

オプション

「オプション」アイコンでは、個人アカウントの詳細設定の他に、再起動、シャットダウン、ログアウトなどができる。

 

「オプション」項目から「個人」を選択すると上記設定ができる。

 

検索

「検索」アイコンをクリックするとバーが表示される。

特定のアプリケーション、パッケージ、DSMのヘルプを手早く探せます。

 

ウィジェット

「ウィジェット」アイコンをクリックすると、ストレージやシステムの状態などを簡単に確認することができる。

ウィジェトの項目は、左上の「+」をクリックし、自由に表示変更できます。表示項目は以下の通り。

  • システムの健康状態
  • リソース モニタ
  • ストレージ
  • 接続中のユーザー
  • 予定タスク
  • ファイル変更ログ
  • 最近のログ
  • バックアップ

 

デフォルトでデスクトップに並ぶ項目について

「パッケージセンター」では、Synology社が提供するアプリケーションやサードパーティ製のアプリもあり(有料もあり)、クラウドでのファイル共有、オンラインアルバムでの写真共有、VPN環境の設定、システムを保護するウイルス対策などなど、他にも多くのアプリケーションが用意されインストールできる。

サイドバーではカテゴリ分けもされ、アプリの検索はしやすい。

 

サイドメニューの「インストール済」では、現在インストールしているアプリケーションが並び、項目をクリックすると詳細ページに変わる。

アプリケーションをインストールしたけど、もし使わないモノがあれば、アプリアイコン下の「操作」→「アンインストール」を選択で簡単にアプリの削除ができる。

 

コントロールパネル

ほとんどのDSM設定は、「コントロールパネル」から操作が可能。

ネットワークに接続したり、ファイル共有を設定したり、アプリケーションの権限を調整したりと、システムやハードウェアの設定を管理できます。

 

File Station

フォルダアイコンからも分かるように、インターネット経由でSynology NASのフォルダにアクセスするための管理ツールになります。

File Stationを複数開き、フォルダ間の移動・コピーや、ローカル上(Macの場合はFinder)のフォルダやファイルといったデータをブラウザのFile Station上にドラッグ&ドロップでファイルをコピーすることもできます。

 

DSM ヘルプ

DSMを操作する上で、もし迷うことがあれば「DSM ヘルプ」の検索欄にキーワードを入力すれば、そのキーワードに関連するヘルプメニューの項目がリスト表示されます。

日本語に対応しているため、迷ったときはとにかく「DSM ヘルプ」で検索!

 

また、各設定や機能については別途記事を作っていきます。

Share Happy!?

PAGE TOP