クーポン情報

Amazon COUPON もっと見る 掲載希望はこちら
ガジェット

【レビュー】『cheero Twintail 10050mAh』ならLightningとmicroUSBケーブルは不要!

本日、2017年10月31日(火)に発売が開始されたチーロのNEWモバイルバッテリー『cheero Twintail 10050mAh CHE-089』は、LightningケーブルとmicroUSBケーブルが一体となった、いわゆる便利モバブ

 

ケーブル不要で持ち運びもスッキリ『cheero Twintail 10050mAh』

こちらが今回ご紹介しますcheeroの新しいモバイルバッテリー『Twintail(ツインテール)』。

 

内容物はバッテリー本体の他に、充電用のmicroUSB/USBケーブル、日本語対応の取扱説明書となる。

 

これまでのチーロモバイルバッテリーでは珍しいブラックカラーにアルミ素材の筐体は、持つとひんやり冷たく、「可愛いモバブ」というより非常にクールな印象。

 

バッテリー上部には、電源ボタン、バッテリー本体を充電するためのmicroUSBポート(5V/2A)、出力用(合計5V/3A)の自由なケーブル(LightningやmicroUSBの2台目やUSB-Cケーブルなど)が使えるUSBポート、LEDライトが並ぶ。

 

電源ボタンを押すと4段階で残量確認ができる青いLEDインジケータが点灯する。

電源ボタンを押すとその後、約1分電源がオン状態になる

 

また、電源ボタンを2回押すことでLEDライトのオン/オフ操作ができます。

 

バッテリーの左右には、それぞれmicroUSBケーブルとLightningケーブルが完備され、指の腹で簡単にケーブルを出すことができる。

 

ケーブルの取り外しはできずこのように完全一体型となっています。

 

出力は、3ポート合わせて最大5V/3Aとなっています。

そのため、iPadの種類にも寄るが、容量的にフル充電は難しくても充電は問題なくできる。

 

充電するデバイスや充電状況など、場合によっては使いづらい面も出てくるケーブル一体型のモバイルバッテリーですが、自由に使えるポートがひとつあるため非常に使いやすい。

一緒に使いたい

 

同じ容量の「cheero Power Plus 3」と比べてみた

10050mAhのバッテリーサイズの同じ「cheero Power Plus 3」と並べるとこれくらい違いがある。

スペック表cheero Twintailcheero Power Plus 3
バッテリー容量10050mAh
充電時間約5時間約6時間30分
サイズ約109mm×68mm×22mm約92mm×62mm×23mm
重量225g192g

 

幅や高さは若干変わるが厚みはほとんど同じ『cheero Twintail 10050mAh』と「cheero Power Plus 3 10050mAh」。

 

普段使いとして個人的にサイズ・重量・容量がベストで持ち運ぶ機会が1番多く、1番お気に入りなモバイルバッテリー「cheero Power Plus 3 10050mAh」でした。ですが、iOSデバイスを所持する人にとってケーブル不要で使えるってのは非常に大きなメリットに感じる『cheero Twintail 10050mAh』。

本日2017年10月31日(火)正午より、販売が開始されてます。

Amazonでは、通常販売価格3,380円が発売記念価格として2,980円で購入することができます。

同じく楽天、Yahoo!では、通常販売価格3,480円が発売記念価格として3,080円で購入することができます。

気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

 

Share Happy!?

PAGE TOP