クーポン情報

Amazon COUPON もっと見る 掲載希望はこちら
ガジェット

【レビュー】二人でも楽しめる完全独立型のBluetooth ワイヤレスイヤホン『SoundPEATS Q16』

本日は、安価ながら品質・音質ともに定評のあるBluetoothイヤホンでは、有名な「SoundPEATS」から、左右完全独立型のBluetoothワイヤレスイヤホン『Q16』をご紹介したいと思います。

 

 

「AirPods」や「EARIN」と同じく完全ケーブルレスの左右独立イヤホン『SoundPEATS Q16』

『SoundPEATS Q16』のパッケージ。

 

内容物は、イヤホン本体の他に、サイズ違いのイヤーチップS/L(Mは本体に付いた状態)、二股になった専用のmicoroUSB/USBケーブル収納ケース、完全日本語の取扱説明書となる。

 

こちらが『Q16』のBluetoothワイヤレスイヤホン本体になります。

カラバリなどは特になく、イヤーピースの内側が赤くアクセントになっているブラックのみ。全体的にマットな質感となり、指紋は付きづらくなっている。

 

『Q16』の特長ですが、片側(右)のみで使用できたり、完全独立型イヤホンていうだけでなく、2人で片方づつ使用した場合に、左右どちらでも同じ操作ができるよう両方に同じ操作ボタンが付いています。

 

もちろん充電は、左右両方する必要があり本体の底面に充電用の「DC IN」。

 

『Q16』は、IPX4等級の防水性能があり、生活防水と防汗仕様となるのでスポーツ時や雨に濡れる程度なら問題なく使用ができる。

そのため、端子カバーは結構固めでガッチリしている。

 

『Q16』のイヤーフックやイヤーピースを含めなたサイズはW45mm×H40mm×D32、重量は片方約11gと、商品ページの写真で見るよりも想像以上に小さく軽量だった。

 

耳に掛けるイヤーフックは、上下左右に可動はせず固定式となります。

耳のサイズや形が違っても使えるよう固めですが柔軟性のある素材となり、簡単に広げることができ脱着時は楽に装着ができる。

また、装着感やフィット感は非常にいい!

 

『Q16』と「iPhone」をペアリングする方法

各デバイスとBluetooth接続をするには、R側(右耳)のイヤホンを使います。

 

再生や一時停止などの操作を兼ね備えた真ん中のマルチファンクションボタンを底面のLEDインジケータが青と赤に点滅するまで長押しします。

 

青と赤の点滅状態がこちら。

これでイヤホン側はペアリングモードになっている状態です。

 

次にiPhoneの「設定」から「Bluetooth」に入り、Bluetoothを「オン」の状態にし一覧の下に「Q16-R」と表示があればタップで接続を完了させる。

これでR側のイヤホンはiPhoneとペアリングされた状態なので音楽や映画などの音を『Q16』から聴けるようになりました。

 

片耳のみで使用する場合は先ほどの状態で完了となりますが、両耳使用の場合は、その後L側の真ん中のマルチファンクションボタンを底面のLEDインジケータが青に点滅するまで約3秒ほど長押しします。

1〜15秒ほどその状態で待っているとR側と接続がされ、両耳で使用できるようになります。

 

『Q16』の充電方法

microUSBケーブルであれば、特に付属のケーブルを使用する必要はありませんが、二股ケーブルになっているため、ポートの節約や出先での充電時には必須なケーブル。

充電時間は、約1〜2時間ほどで満充電になり、充電中は底面のインジケータが赤に、充電が完了すると青の点灯に変わるので充電状況の確認はしやすい。

 

公式では、満充電から最大で6時間連続再生ができるとありましたが、体感では4時間から最大でも5時間ほどと感じ、イヤホンサイズを考えると少し物足りなさを感じます。

 

音質については、高音から低音までバランスよく、音楽はもちろん映画やラジオなども聴き取りやく密閉感もあり、何よりケーブルレスなため首を振ってもケーブルノイズが発生することがないので1番活躍するのはスポーツやジムでのトレーニング時だと思います。

 

満充電からバッテリー切れになるまで連続で使ってみましたが、以外にも耳への負担は少なく、最後まで苦に感じることもなく普通に使えました。

左右が独立したイヤホン『SoundPEATS Q16』は、よくも悪くも「電源を入れる時」、「充電をする時」は、手間も2倍かかります。

記事執筆時点での価格が4,999円と、一般的な格安Bluetoothイヤホンに比べると少し高い価格設定にはなるが、使用する用途に合うようであれば、ケーブルレスという左右独立型イヤホンは一度試してみる価値は十分にあると思います。

気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

 

昔話…

自身初となるBluetooth接続型のワイヤレスイヤホンを使ったのが約2年前のちょうど今ごろ、当時付属品の豊富さなどからガジェッターの中では話題となったSoundPEATSの「QY7」でした。

この記事を書きながら少し懐かしい気持ちに。

あれから2年、今ではケーブルレスが当たり前になりつつありますが、これからさらに2年後にはイヤホンやヘッドホンはどうなっているのかすごい楽しみ!

Share Happy!?

PAGE TOP