Webcam Cover(ウェブカメラカバー)

こちらが今回紹介する、薄さ重視で選んだ『Webcam Cover(ウェブカメラカバー)』。

簡易的な梱包ではあるけど、その分価格も安く、品質も悪くないので購入の際は検討してみてください。

コレ自体には、とくにブランドやメーカーがある訳ではなく、似たような製品(同じ)をいろんなところがパッケージなどを変えて出している感じだと思います。

今回は3枚セットのモノを購入しました。

デザインなど外観について

『ウェブカメラカバー』のサイズは約18mm×約9mmで、厚さ約0.7mmとめちゃくちゃ薄いカバーになっています。

カバーの裏面には両面テープが備わっているので、装着も簡単。

15インチ MacBook Pro 2017との相性と使い方

『ウェブカメラカバー』装着前はこんな感じで、ホームセンターかどこかで購入した、小さい丸型のシールを貼ってインカメラを塞いでいました。

正直、インカメラを使う頻度はそれほど高くないので、このままでもいいっちゃ良いんですけど、使用時に剥して、通話が終わったら、新しいシールを出してまた貼り直すという作業が地味に面倒だったので、購入したというわけ。

実際に貼り付けてみましたが、レンズサイズも程よく余裕があって、環境光センサーはもちろん、LEDライトとの干渉もせず結構良い感じ。

「何か付いている」感がどうしても出てしまい目には付いてしまうけど、ベゼルにもしっかり収まり、同色なんで使っていれば気にならなくなります。

カバーに突起やつまみ的なものはありませんが、指の腹でも十分、左右へのスライド動作はしやすいです。

スライドの感覚も緩すぎず、硬すぎない程よい滑らかさで、値段の割に品質はしっかりしている印象。

こちらは、インカメラの映像。

カバーを閉じたら完全に真っ暗になってくれるので安心して使える。

モノ的にはすごい気に入ったんですが、僕が使用している15インチ MacBook Pro 2017との相性は悪く、『ウェブカメラカバー』を付けることで、蓋が完全に閉まらず、端っこが浮いてしまう。

閉じた時にしっかりスリープもされているので、使用上問題ないとは思うんですが、液晶への負荷も無きにしもあらずということで、もっと良いものが見つかれば買い替えを検討しようと思ってます。

約1ヶ月使ってみた感想

今回は、パソコンを例に『Webcam Cover(ウェブカメラカバー)』を紹介しましたが、スマホやタブレットのカメラにも使えるようです。

最近のデバイスは、トリプルレンズなどが増えてきたので、そういったデバイスの人はインカメラ専用になってしまい、見栄えや使い勝手が悪くなってしまいますが、セキュリティが気になる人は、検討してみても良いかもしれませんね。

僕が使用する15インチ MacBook Pro 2017では、蓋が完全に閉まらないという難点はあるけど、今の所満足に使えているし、購入してよかったと思える製品でもあるので気になる人は是非!

  • ウェブカメラを使いたい時にワンタッチで使える
  • 顔認証の機能が備わるパソコンでも使える
  • それほど違和感なく、シールや付箋などに比べると見栄えがいい
  • パソコン以外にスマホやタブレットにも使える
  • スライドしやすく、勝手にズレたりしない
  • 粘着力は以外にあり、剥がれたりしない
  • 0.7mmと極薄ではあるけど、15インチ MacBook Pro 2017の場合、閉じた時少し干渉しているようで完全に閉まらない(スリープはされる)