Apple

古〜いMacBook Pro(late 2011)をメモリ16GBへカスタマイズ!【PART1】

49_main

MacBook Pro 13-inch(late 2011)を使い始めて、かれこれ4年近くになりますが不具合もなく買い替えの時期を掴めないまま今もこいつをメインで使っています。
今回は、こんな古〜いMacBook Proを現役バリバリまだまだ頑張ってもらうために比較的簡単なカスタマイズをしようと思う。

  • 1つ目は、メモリを「8→16GB」へ増設
  • 2つ目は、「HDD→SSD」に変更

と2回に分けて変更手順などをご紹介します。
【PART1】では、メモリを8GBから16GBに変更する手順をご紹介。

 

メモリ増設に必要なもの

49_1

49_2

  • メモリ(8GB×2)
  • 精密ドライバー+00

僕が用意したメモリは、「シリコンパワー メモリモジュール 204Pin SO-DIMM DDR3-1333(PC3-10600) 8GB×2枚組 SP016GBSTU133N22」。理由としては、MacBookPro購入後、4GB→8GBに増設した時もシリコンパワーの同じメモリを使用し、相性もよかったのでこちらを選びました。
精密ドライバーは、100圴一などにいけば売ってるところもあるので近くに100圴一があれば一度、そちらで探してみるといいかも。

- 自分の機種に合うメモリの調べ方 -
49_3
メニューバー「アップルアイコン」→「このMacについて」→ウィンドウ上部にあるタブから「メモリ」を選択で調べることが可能。

 

今から8GB→16GBへメモリ増設の作業を開始する!

49_4

まずは、MacBook Proを裏返す。
裏蓋は、10箇所のビスで閉じられており、長さの違うビスが2種類あるので始めて裏蓋を空ける方は、ビス位置を必ず忘れないようにしよう!

 

49_5

 ビスを外します。

- 裏蓋のビス種類 -
49_6

 

 

49_7

こんな風に外したビスは、その周りに置いておくと蓋を閉める時に間違える心配はありません。 

 

49_8

10箇所のビスをすべて外したら蓋を開けよう!

 

49_9

この部分がメモリになります。

 

49_10

メモリの取り外し方は、サイドのツメを外へ引く。

 

49_11

するとメモリが浮き上がるので基盤には、できるだけ触らないようにサイドを持ち引くと外れる。

 

49_12

2枚目のメモリも同じ手順でサイドのツメを外へ引き、メモリが浮いたらサイドを持って引く。

 

49_13

2枚とも取り外しができたら向きに注意して新しいメモリを入れていこう!斜めに奥までしっかり挿したらメモリをグッと押し込んで元の水平状態になったらOK!

 

49_14

交換が終わったら蓋をしてビスを止めて、はい!終わり。

 

メモリの交換後にするべきこと

メモリが認識されているか確認しよう

49_15

電源を入れてメニューバーから「アップルアイコン」→「このMacについて」→タブメニューから「メモリ」を選択してちゃんと認識されているか確認しましょう。

 

NVRAM/PRAMをリセットする

Macを「システム終了…」したら電源を入れて起動音が鳴ったらすぐに、「command + option + P + R」キーを同時に押し、そのまま押し続けてコンピュータが再起動し、2 度目の起動音が聞こえたら離す。
これでPRAMのリセットは、完了。

詳しくは、Appleのサポートページへ。
https://support.apple.com/ja-jp/HT204063

 

SMCのリセット

電源アダプタをMacに繋いで、「システム終了…」→、「shift(左の) + control + option」キーを押しながら電源を入れすべてのキーと電源ボタンを同時に放すして電源ボタンを押して起動。

SMCのリセット方法は、機種によって変わるみたいなので詳しくは、Appleのサポートページへ。
https://support.apple.com/ja-jp/HT201295

 

カスタマイズの続きはこちら
古〜いMacBook Pro(late 2011)のHDDをSSDに換装カスタマイズ!【PART2】

PAGETOP