タグ一覧

クーポン情報

Amazon COUPON クーポン一覧はこちら
Apple Watch

【レビュー】アップルウォッチの充電ケーブルをスマートに持ち運べる『Apple Watch Charging Wallet』

Apple Watchは「磁気充電ケーブル」という専用ケーブルを使って充電するため、自宅や職場など固定場所を決めて充電し、外出時にバッテリーが切れたら諦めて放置する人も多いのではないでしょうか?

また、そういった場面を想定して、Apple Watch用のモバイルバッテリーを購入する人もいると思います。

本日は、もっとラフにこの問題を解決することができる『Apple Watch Charging Wallet』という出先でもApple Watchを簡単・スマートに充電するためのケーブル収納用ケースをご紹介します。

 

 

充電中は厚みのあるラバーで画面保護もできる『アップルウォッチ用 充電ケーブル収納ケース』

314-1

こちらが本日ご紹介する『Apple Watch Charging Wallet』のパッケージ。

 

314-2

内容物に取扱説明書など同梱物は一切なく、入っているのはケース本体のみ。

 

314-3

ケース素材は、ボタン部分以外すべてがTPU素材のラバーとなっている。

質感もよく、厚みも十分。

 

314-4

ケースの構造はいたってシンプル。

ケースには保護カバー(上画像)も付いているので、AppleWacthの充電中は、気兼ねなくバッグにほりこんでおくことができる。

また、余談ですが保護カバーの留め部分の構造はスポーツバンド風。

 

314-5

使い方は、磁気コネクタをはめ込んだら、あとはクルクルとコードを巻いていくだけ。

 

314-6

ケースの裏面にはUSBコネクタを収納できる溝もあるため、かさばることもなく、使ってない時は非常にスマート。

 

314-7

このレビューで使っているのは、現行モデルの長さ1mのケーブルですが、2mタイプのケーブルでも使用できるくらい余裕があります。

 

314-8

USBコネクタ部は取り外しがしやすいように指を入れるくぼみもあり、使用時のこともしっかりと考えられている。

 

314-9

ラバーやシリコン系の素材は、ホコリやゴミが付きやすいけど、傷防止には最適な素材でかなり頼れそう。

 

314-10

これだけコンパクトに持ち運びができるので、使い勝手はめちゃくちゃいい!

普段からケーブルの持ち運び率が多い人で、ケーブルの追加やApple Watch用のモバイルバッテリーの購入に迷っているのであれば、ひとまずこれを買っておくのも悪くない。

外出時だけでなく、自宅でもこのケースに入れたまま使えるので、ゴチャゴチャしがちなケーブルもキレイにでき、持ち運びの際も一瞬で用意ができると!

まさに一石二鳥!

もちろん、Apple Watchのケースサイズやモデルに関係なく、すべてのApple Watchで使用できるこの『充電ケーブル収納ケース』。

気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

 

販売元ストアQTuo

この記事の

シェアボタン