クーポン情報

Amazon COUPON もっと見る 掲載希望はこちら
Apple

【レビュー】「iPad mini 1/2/3」ユーザー必見!Inateckから新しく発売された『Bluetoothキーボードカバー BK2002』

『iPad Air2、iPad Pro 9.7インチ用キーボードケース BK2001』は、Inateckの人気商品のひとつ。その人気キーボードを「iPad mini 1/2/3」バージョンで2017年に新しく発売したのが本日ご紹介する『Inateck iPad mini 1/2/3 Bluetoothキーボードカバー BK2002』です。

現在、miniシリーズの中では「iPad mini 4」が1番新しいモデルとなり、このモデルへ向けてアクセサリを作るのが普通。がさらにマーケットを広げるためInateckは、「2017年に新しくiPad mini 1/2/3を購入する(した)人」や「現在現役で使っている人」へ向けてのようです。

「iPad mini 1/2/3」ユーザーには、非常に嬉しいアクセサリですね。

※注意「iPad mini 4」は非対応です

 

 

InateckのiPad mini 1/2/3で使える『Bluetoothキーボードカバー BK2002』をチェック

312-1

こちらが本日ご紹介する、iPad mini 1/2/3兼用で使えるキーボードカバーケース。

 

312-2

内容物は、キーボードカバー本体のほかに、キーボードを充電するためのmicroUSB/USBケーブルと日本語対応の取扱説明書となる。

 

312-3

ケースは、「iPad Air2、iPad Pro 9.7インチ用 BK2001」とデザインと機能は同じでiPad miniを簡単にラップトップへと変身させるフルカバー式のケース。

「BK2001」のケースカラーには、ブラックとホワイトの2色があるなか、本日ご紹介する『BK2002』は今後増えるかは不明ですが、今のところブラックのみとなる。

 

312-4

ケースの正面右下に「Inateck」ロゴ。

 

312-5

半分が折れてスタンド化するため、背面はこんな感じ。

 

312-6

ケース重量は、265gで「iPad mini 2」と合わせると602g。

 

「iPad mini 2」でケースを使ってみた

312-7

まずはケースの装着から。

ケースのカバーを広げたら上記画像の①側(キーボード寄り)からしっかりとはめ込み②を押し込みます。がこれがめちゃくちゃ固い!iPadの液晶が割れるのでは?と思うほど強く押し込む必要あり!

使ってるiPadが悪い可能性もあるので、一応確認はしたが特に異常はなかった。

購入を検討している方は、このようにハメるのが難しい場合があるかもしれませんが、必ず使えるので頑張ってハメてください。

 

312-8

無事に装着完了。

 

312-9

開閉はマグネット式。

 

312-10

指かけスペースもあるので、開閉はスムーズにできる。

 

312-11

312-12

312-13

背面カメラや側面のボタン、スイッチ周りはケースに厚みがあるので、深さが増し若干、操作性は悪くなるが、保護ケースとしては申し分なく安心して使える。

 

312-14

キーボードの配列は「US配列」、キーストロークは十分あるがその分、各キーは小さめ。打鍵感(キーを叩いた時)は、THE・定番キーボードといった感じで、Mac系を普段から使っている人は若干慣れが必要かもしれない。

 

312-15

iPadは、上記画像の2ヵ所のライン部分で角度調整しながら立てることができます。

 

312-16

立てる際、引っ掛ける場所などはなくマグネット式で固定される。

 

312-17

また、キーボードに電源ボタンはなく、iPadを立てると自動で電源が入る仕様。

 

ペアリング方法

312-18

iPadを立て、キーボードの電源が入ったら、Fn+Zを押し、インジケータが青色に点滅すれば、ペアリングモードになります。

 

312-19

iPad側から「設定」→「Bluetooth」に入り、「Inateck BK2002」と表示されたら選択。

 

312-20

すると、「Bluetoothペアリングの要求」アラートが表示されるので、そこに記載された4ケタの数字コードをキーボードで打ち込みEnterキーを押せばペアリングは完了。

 

文字を打ってみる

312-21

メモ帳を使って早速、文字打ち開始!

 

312-22

うん、良い!

操作性は、通常サイズのキーボードに比べればそりゃ使いづらくはなるが、ショートカットキーも用意され、ボリュームや画面の明るさ調整、アプリの切り替えがキーボード上からできるため、使い方をマスターすれば、簡単な操作や文字打ちならラップトップのように使っていけると感じました。

 

312-23

ショートカットキーはFnキーと組み合わせて使います。

用意されたショートカットキー一覧

  • 明るさを上げる
  • 明るさを下げる
  • 検索
  • 言語キーボードを切り替え
  • 前の曲
  • 再生/一時停止
  • 次の曲
  • 消音
  • 音量を下げる
  • 音量を上げる
  • ログオフ
  • 切り取り(Xキー)
  • コピー(Cキー)
  • 貼り付け(Vキー)
  • バーチャルキーボード(control)

 

312-24

iPad側の設定をすれば、カバーの開閉でスリープ/スリープ解除ができるスマートカバー機能もあります。

iPadの設定方法

iOS10:「設定」→「画面表示の明るさ」→「ロック/ロック解除」をオンにする。

iOS9:「設定」→「一般」→「ロック/ロック解除」をオンにする。

 

312-25

また、キーボードの内蔵バッテリー容量は280mAhで充電時間は約3〜4時間。

満充電状態から約100時間連続使用でき、スタンバイ時間は約90日。

 

312-26

「iPad mini」ユーザーはもちろんですが、小さいお子さんがいるご家庭で「iPad mini」が余ってるなら、パソコン替わりとして早いうちからキーボードに慣れさせてあげるような使いかたも良いと思いました。

気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

 

Inateckhttps://www.inateck.com/jp/

Share Happy!?

PAGE TOP