Twitter campaign
Mac

Mac OS X Yosemite対応!Web制作者におすすめするシンプルで軽量カラーピッカーアプリ 「couleurs」

最近では、Chromeなどのブラウザでもカラーの選択がしやすくなってますがあくまでブラウザ場の選択しかできない。

「couleurs」ならPCの画面内ならどこでも色の取得が可能でしかも超軽量。

2018年5月11日現在、管理人は以下のカラーピッカーアプリを使用しています。

ColorSnapper 2
開発ツール, グラフィック&デザイン¥1,080

 

12_1

まだ『couleurs』をお持ちでない方は、以下の公式サイトのダウンロード。

http://couleursapp.com/

ダウンロードは無料(2018.5.11確認)対応:Mac OS X Yosemite10.10以降

 

couleursの使い方

12_2

アプリを起動したら黒い枠内をクリック。すると虫眼鏡が表示されるのでクリックしたまま目的のカラー場所までドラッグするとカラー情報を取得できます。

 

12_3

取得したカラー情報をクリップボードにコピーするには黒枠を「クリック」or command+cでコピーができます。

 

12_4

カラーコードのフォーマット変更は、画像左側の下矢印部分をクリックしたままにするとウィンドウが表示されるのでそのまま目的のフォーマット部分までカーソルをもっていくと変更ができる。

 

僕が「couleurs」を使う理由は、とにかく軽量ということ。アプリを起動が速くウィンドウも小さいので邪魔にならないのがいいですね。

http://couleursapp.com/

CONNECT