この記事はメーカーから製品サンプルの提供をいただき執筆しています。

cheero Smart USB Charger 48W

こちらがPD(Power Delivery)対応のUSB-Cと、QC(Quick Charge 3.0)に対応したUSB-Aの2ポートを搭載したcheeroのUSB急速充電器『Smart USB Charger 48W』。

同梱物は充電器本体と取扱説明書(兼保証書)となり、ケーブルの同梱はありません。

型番CHE-320
サイズ約57mm×76mm×27mm
重量約115g
入力100-240V 50/60Hz 1.2A max
出力USB-A(Quick Charge 3.0)
DC 3.6-6.5V/3A, 6.5-9V/2A, 9-12V/1.5A(18W max.)
USB-C(PD)
5V/3A, 9V/3A, 12V/2.5A, 15V/2A, 20V/1.5A (30W max.)

本体を詳しくチェック

PDに対応したUSB-Cポートの最大出力は30W、MacBook Proを充電するには少しパワー不足ですが、MacBookやMacBook Airであれば急速充電が可能となっており、PD対応のライトニングケーブルを使えばiPhone 8以降のスマホやタブレットの急速充電も可能となっています。

QCに対応したUSB-Aポートの最大出力は18W、残念ながらiPhoneやiPadはQCに対応しておらず恩恵は受けれないが、USB-Cポートを別のデバイスで使っている場合でもiPad Pro程度ならこちらのUSB-A側で十分補える。

本体は約57mm×76mm×27mmとコンパクト設計になっている。

艶があり油脂は付着しやすいが、石鹸のようなデザインが可愛い。

コンセントプラグは折りたたみ式になっていて、持ち運びにも適しています。

cheero 2 port PD Charger HE-328との比較

先日レビューした「cheero 2 port PD Charger HE-328」と並べてみました。

両充電器は、サイズ感も違えば各ポートが扱う出力レベルも違います。

大は小を兼ねると言いますが、持ち運びをメインに考えるのであれば、デバイスに適した電力の中からもっとも携帯性に優れたモノを選ぶのがおすすめです。

cheero 2 port PD Charger HE-328(左)cheero Smart USB Charger CHE-320(右)
USB-C:45W
USB-A:12W
USB-C:30W
USB-A:18W

約1ヶ月使用してみた感想

コンセントプラグからポートまでの長さがあり、壁コンセントで常備使用すると結構出っ張ってしまい抜けやすかったり邪魔に感じることがありました。

もちろん延長コードなど電源タップへ縦設置すればストレスなく使えます。

個人的に『cheero Smart USB Charger 48W』は、持ち運びをメインに、できるだけ安価で購入しやすい充電器を探している人におすすめです。

cheeroの製品なので安心して使っていけるのも良いですね。

  • 最大48Wの高出力に対応
  • USB-Aが最大18W出力でiPad Proの充電ができる(QC対応)
  • 軽量でコンパクト設計、持ち運びに適している
  • ツルッとしたデザインが可愛い
  • 壁に設置すると邪魔になる
  • 油脂が付着しやすい

cheeroオフィシャル