レビュー – SOUNDPEATS Truepods – USB-C充電対応。次世代Bluetooth 完全ワイヤレスイヤホン

SOUNDPEATSから新しく発売された最新のBluetooth完全ワイヤレスイヤホン『Truepods』は、これまでのSOUNDPEATS製イヤホンの形状とは少し異なり、どちらかといえばAppleのAirPodsを彷彿させるような筐体になっている。

※このページに貼ってある販売リンクはご紹介している製品の後継機種となり、イヤーピース部分の改善がされた商品になっています。

SOUNDPEATS Truepods

こちらが今回ご紹介するSOUNDPEATSのBluetooth 完全ワイヤレスイヤホン『Truepods』。

BluetoothVer.5.0
技術BT5.0/HSP/HFP/A2DP/AVRCP
通信距離10m
周波数20Hz-20KHz
防水性IPX5防水規格
イヤホンの再生/充電時間約4時間/約2時間
イヤホンのバッテリー容量55mAh
イヤホンの重量5g(片側)
ケースの充電時間約2時間
ケースのバッテリー容量600mAh

同梱物のご紹介

同梱物は以下の通り

  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • USB-C to USB-A充電ケーブル
  • 日本語対応取扱説明書

イヤホンとケースの外観について

コンパクトながらも充電ケースの内蔵バッテリー容量は600mAh、フル充電であれば約4回イヤホンを繰り返し充電することができる。

ケースを手に取りまずはじめに思ったのは、これまでのSOUNDPEATS製イヤホンに比べてサイズが小さくなっていること。

正直微々たる差ではあるけども、より洗練されたように感じる。

マットなケースはプラスチック製で、指紋は目立ちにくいが擦り傷などがテカって目立ちやすい印象。

ケース正面には、内蔵バッテリーの残量チェックができる2段式LEDインジケータが搭載されている。

インジケータのカラーはグリーン。

AirPodsのような形状のこちらがイヤホン本体になる。

残念ながらカラー展開はなく、このブラック1色のみとなります。

IPX5の防水性能が備わっているので、耳の相性が良ければ運動時にゴリゴリ使うこともできます。

イヤホンの形状はオリジナルになり、イヤーピースのスペアやサイズ違いなどは用意されていないため、単純に無くすと使えなくなること、またAirPodsのように耳に合わない人が出やすいイヤホンかもしれない。

各操作については、上記画像印の部分がマルチタッチボタンになっていて、左右のイヤホンで曲送りや曲戻し、SIRIの起動や通話/終話など、タップ操作と長押し操作で行います。

物理ボタンではなくタッチ操作になるため、寝転びながら耳に腕があたったままになっていると電源が切れてしまうような誤操作も何度かあったので、使用する場面を想像して購入を検討いただきたい。

ちなみに電源オフは約8秒長押しと誤操作対策はされているようではあるけど、同じポーズで肌があたってしまうと…。

ペアリングと使い方

『Truepods』を初めて使う場合や、どのデバイスともペアリングしていない場合であればケースの蓋を開けると左右のイヤホンが接続され、その後赤と白の交互に点滅が始まり自動でペアリングモードになります。

接続させたいデバイスの「Bluetooth設定」を開き、「SOUNDPEATS TruePods R」の表示がされたらタップで「接続済み」にします。

これでペアリングは完了。

一度ペアリングが済めば、以降ケースを開けると自動的にデバイスとペアリングされ、逆にイヤホンをケースへ戻し蓋を閉じれば充電の開始とペアリング解除がされるようになっています。

『Truepods』は、R側のみをデバイスとペアリングさせて使用します。

ですが、一応クセはあるもののR側もL側も片耳ずつで使用することも可能。

R側で片耳使用する場合は特に気にせず片方をケースから取り出しそのまま使えばOK。

L側も基本は同じではあるが、ケースを閉じるとペアリングが解除されてしまうため、L側のみで使う場合は常にケースを開いて置かなければいけない

充電方法

充電はケース背面に備わっているUSB-Cポートから行う。

充電時間は約2時間。

USB-C充電といっても付属される充電ケーブルは、片側がUSB-Aタイプになっているので、USB-Cに対応した充電器などを持っていなくても問題なく充電可能となっている。

約3週間ほど使ってみた感想

音質についてですが、最初に聴いた時の印象としては、低域はそれなりに出てはいるものの全体的にこもっているように感じました。

決して、聴いてられないほど酷いわけではないのですが、全体的に特別クリアでもないし、解像感もないといったところ。

その後、数週間使い続けエイジングか耳慣れかは分かりませんが、印象は変わり、最初ほどこもり感を感じることもなく、ストレスなく使えています。

動画の音ズレもほとんどないので映画やYouTube視聴も問題なく使用できるかと思います。

全体的に5,000円前後の完全ワイヤレスイヤホンの音質って昔ほどどれも悪くないというか良くなっているように思うので音質どうこうよりも、何より充電ポートがUSB-Cになったことや、蓋を開けてからのペアリングスピードが非常に早いことなど、普段使っていて便利に感じれるポイントが多かったイヤホンのように思います。

  • ケースを開くと自動ペアリング、閉じるとペアリング解除&充電開始される
  • ペアリングのスピードが早い
  • ケースサイズが小さく持ち運びしやすい
  • USB-C充電は早いし便利
  • 接続が安定している
  • IPX5の防水性能がある
  • L側片方で使用する際ケースを開いておく必要がある
  • イヤーピースが専用なので無くすと使えない
  • タッチ操作なので誤操作をたまにしてしまう
  • イヤホンの筐体がチープ

TAG

CONNECTION