Twitter campaign
ファッション

【レビュー】発想が面白い!ジャラジャラする鍵をスマートに収納できる印designのキーケース「Key Case」

鍵を複数持ちの方、歩いている時ジャラジャラと音が気になったことはないだろうか?

あえてジャラジャラさせて歩きたい方でなければ、やはり小物類はスマートに持ち運びしたいのが普通ですよね。

今回は、斬新なデザインのアイテムを発信する印designより見た目は、少し変わっているが使い勝手の良い『Key Case』のご紹介。

開封と内容物の紹介

58_1
58_2

ジャジャン!これがパッケージの表面になる。

印デザイン オンラインストアhttp://store.indesign.jp/

 

58_3

パッケージ裏面には、使用方法と対応キーサイズを計ることができる枠がプリントされている。

『Key Case』で使用できるキーサイズは、幅27mm、全長62mm、差込部分9mm以内のものを3〜4本収納できるよう。

早速、手持ちの鍵を重ねて確認してみようと思う。

 

58_4

枠内に収まっているのでいけそうですね。

僕が今回使った鍵は、一般的な普通の鍵。

 

58_5

開封は、パッケージ下からできるようになっている。

 

58_6

パカッと。

 

58_7

これが本体となる。

表、裏共にデザイン・プリントは同じで、向きは気にせず使えるのはいいでね。

カラバリは、全6種から選べ、今回僕がご提供いただいたカラーは、「dark gray/black(本体カラー/ゴムカラー)」。

他にも「dark gray/yellow」、「white/gray」、「white/orange」、「pink/gray」、「pink/yellow」などがある。

 

58_8

先端部分には、「In Design」のプリント。

ゴム部分は、一色ではなく所々ホワイトが入り良いアクセントになっている。

カラビナを取り付けてベルトループに付けたり車など大きめの鍵は、こちらに付けることができる。

 

58_9

こちらには、「Designed by In Design」と彫られている。

 

58_10

横から見るとこんな感じ。

先端側が分厚くなっている。

 

58_11

上部はこんな感じ。

 

58_12

中にはクリップがありこれで鍵を押さえるようになっているんですね。

 

58_13

本体サイズは、47mm(w)×94mm(h)×19mm(d)、重さ19g。

 

58_14

手で持った時のフィット感が何か気持ちいい。

 

鍵の装着方法

58_15

輪っかに鍵を取り付ける。

 

58_16

鍵を持つ。

 

58_17

鍵を持ったままキーケースを引っ張る。

 

58_18

オイショとっ。

 

58_19

これで装着完了。

 

印design『Key Case』を使用してみた感想

鍵を束ねるリングが大きく、収納する際、鍵に遊びがあり、若干入れずらいと感じた。このリングにも何か使い勝手・デザインの工夫があれば良かった。

外観は、Made in Japanなだけあり作りもしっかりしていて、今までのキーケースとは全く違い、新しいデザインで持ち運びが少し楽しく、フレームをゴムの張力で固定しているので扱いも簡単。

しっかり鍵を束ねて余計な音もさせない、そしてスッキリ・スマートなデザインでファッションアクセサリの1つとして使えるのは間違いない。

実に面白いキーケースだ。

CONNECT