Final Cut Pro X

【Final Cut Pro X】「ライブラリ」と「イベント」と「プロジェクト」の関係性を理解する

この記事では、Final Cut Pro Xの「ライブラリ」と「イベント」と「プロジェクト」について説明しています。

ライブラリ・イベント・プロジェクトの関係性

Final Cut Pro Xで映像制作するには、必ず「ライブラリ」と「イベント」と「プロジェクト」を作成する必要があります。

上の図解は、この3つの関係性について理解していただきやすいように、フォルダやファイルを管理するMac標準のFinderアプリで例えた時の画像になっています。

それでは順に「ライブラリ」「イベント」「プロジェクト」の説明をしていきたいと思います。

 

ライブラリについて

ライブラリとは、映像やサウンド素材を読み込み、管理や整理をするための大枠となる場所です。

Finderアプリに例えると・・・

Macのファイルやフォルダ管理をするデフォルトアプリFinderアプリケーションで例えると「ライブラリ」は、アプリ本体(Finder)の役割になります。

※アプリ本体の役割と例えてますが、ライブラリは自由に何個でも作成できます。

 

イベントについて

ライブラリ内で、映像やサウンド等の素材をフォルダのように分かりやすく管理・整理するのが「イベント」になります。

Finderアプリに例えると・・・

アプリ本体(ライブラリ)の中のフォルダの役割をするのが「イベント」です。

 

プロジェクトについて

イベント内では、テーマに沿った各素材を収納する他に、そのイベントのメインコンテンツを作ります。そのメインコンテンツというのが「プロジェクト」になります。

Finderアプリに例えると・・・

アプリ本体(ライブラリ)の中のフォルダ(イベント)の中のファイルの役割を果たすのが「プロジェクト」になります。

Final Cut Pro
ビデオ, 写真¥34,800
CONNECT