Final Cut Pro X

Final Cut Pro Xとは?

Final Cut Pro X(ファイナルカット・プロ・テン)は、アップル社が開発と販売をするMacOS専用の映像編集アプリケーションです。そのユーザー数は世界中で約200万人とも言われ、初心者からプロの方まで多くのクリエイターが利用しています。

Final Cut Pro Xとは?

2011年にリリースが開始された『Final Cut Pro X』は、映像をカットしたり繋げたり、エフェクトやトランジションなどを使って色味の調整やサウンドのミキシングをしたりと高品質な動画を作るための映像編集ツールです。

プロの映像クリエイターが愛用する一方で、動画編集は初めてといった初心者の方でも比較的扱いやすいアプリケーションです。

シンプルで洗練された(理解しやすい)インターフェースも魅力のひとつ。

 

どこで購入できる?

『Final Cut Pro X』にパッケージ版はなく購入する方法は、Macの「App Store」より購入することができます。

価格は税込34,800円(記事執筆時点)です。

Final Cut Pro
ビデオ, 写真¥34,800

iTunesカードを使った購入ができるため、コンビニや量販店などで1〜2ヶ月に一度されている割引キャンペーンの際、iTunesカードを購入すると数千円安く購入することができます。

iTunesの最新割引情報をチェックするならこちらのサイトがおすすめ

iTunes Card 割引販売速報

 

当サイトでは

当サイトでは、上記でご説明いたしましたMac専用アプリ『Final Cut Pro X』の使い方を初心者向けに、今後、少しずつご紹介していきたいと思っています。

『Final Cut Pro X』のバージョンは、記事執筆時点で最新の「10.4.3」のバージョンからとなり、随時バージョンアップがあった場合は、このバージョンからアップデートしていく予定です。

Final Cut Pro
ビデオ, 写真¥34,800
CONNECT