Apple Watch

【レビュー】激安!Apple Watchのサードパーティ製『ミラネーゼループ“風”』バンドが最高な件

Apple Watchを購入すると、いろいろ交換バンドを試したくなるもの…。

本日はApple Wacthユーザーの人なら、一度は購入を考えるであろう「ミラネーゼループ」の、激安サードパーティ製「ミラネーゼループ“風”」バンドをご紹介したいと思います。

純正の「ミラネーゼループ」が欲しくなるくらい、素晴らしいバンドだったので是非Apple Wacthユーザーの人はご覧くださいね。

 

 

Apple Watch用ミラネーゼループ風交換バンド『WATCH Milanese Loop』

316-1

本日ご紹介する『WATCH Milanese Loop』は、Apple Watch用のサードパーティ製交換バンドになります。

純正ミラネーゼループの価格が15,800円(税別、スペースブラックは20,800円)なのに比べ、この『ミラネーゼループ“風”』バンドは、記事執筆時点の価格が1299円と1/10以下とかなりの激安っぷり!

 

316-2

38mm用、42mm用のケースサイズ共にカラーは、「シルバー」と「ブラック」の2色が用意され、両カラー価格は同じ。

今回は、38mm用バンドを2色ともご提供いただいているので、好みのカラーを選んでやってください!

 

シルバーモデル、ブラックモデルを比較

316-3

まずは、両カラーの全体像を…。

 

316-4

316-5

接続部のパーツも含め、バンド素材は、耐久性に優れたステンレススチール製。

 

316-6

キーポイントとなるパーツ部分。

右上画像が貼り付けるマグネットになります。

マグネット周りには、傷や貼付け音防止用と思われるラバーもあり、ステンレスの表面仕上げも含め、細かい部分までしっかり作れているのが分かると思います。

 

ブラックモデルを使ってApple Watchに装着

316-7

バンドの長さは約236mm(38mm用)。

 

316-8

真ん中の引っ掛けパーツのカラーは、表裏で違うのでセットもしやすい。

 

バンドの巻き方

316-9

個人的な意見にはなってしまいますが、僕が使いやすかった腕にセット(巻きやすい)する手順をご紹介。

まず、腕に巻く前に「アダプタのホールに通しておく」→「腕を通す」→「バンドの先端を引っ張って調節」→最後に「マグネットを留める」といった流れが使いやすかった。

 

316-10

そうそう!

僕のApple Watchは、「スペースグレーアルミニウムケース」です。

 

316-11

よ〜く見ると若干バンドのブラックカラーと色味の違いが分かる程度で、付けてしまえば違和感は全くありません。

 

バンドの外し方

316-12

基本は巻き方の逆手順。

「マグネットを外す」→「ギリギリの部分でマグネットを留める」→「腕を抜く」といった流れになります。

 

316-13

付け外しはとてもしやすいです!

また一般的な時計のベルトの多くは、最初に決まった穴があり、自分の腕の太さに近い穴位置で留めるため、本当にフィットして使えている人は、少ないと思います。

ですが、これは自分の腕に合わせてミリ単位で調整ができるので、地味にめちゃくちゃ感動した!

 

ミラネーゼループの気になっていた問題

316-14

ミラネーゼループは折り返してバンドを固定するため、もし調整途中や何かの拍子でマグネット部分が手から離れてしまった場合どうなるか?

マグネットの磁力が結構強いため、上記画像のようにコネクタ部分の途中で引っ掛かるんで使用時の安心感は抜群。

 

316-15

次はAmazonのレビューなんかを見てるとたまに目にするこの問題。

「ミラネーゼループ THE シースルー問題」

 

316-16

Amazonで販売されているミラネーゼループ風バンドは、たくさんありすべての製品にあてはまるわけではなく、あくまで今回ご紹介している製品に限ることなのでご注意を!

バンド単体で見ると、もちろん透けてますが腕に巻いてしまえば隙間に影ができるので透けて見えるという症状はなかった。

 

316-17

マグネットの磁力は結構強い。なのでクレジットカードやICカードの使用時は、多少注意しながら使う必要があるかもしれません。

 

316-18

バンドはこんな感じで非常に柔らかい。

高級時計の場合、真横に向けた際ベルトが平行になると状態が良いと聞いたことがあるので、初めは「これあかんやつかー」とか思っていましたが、使っているとこの柔らかさが逆に付け心地を良好にしてくていると感じました。

説明がしずらいんですけど、手首を動かした時も違和感を感じないと言ったような…腕の肉に合わせてバンドも柔軟に変形してくれるような…

 

316-19

さて、ここまでブラックカラーをメインにご紹介してきましたが、ここからはシルバーカラーをご紹介していきます。

 

スペースグレーアルミニウムケース×シルバーカラーのミラネーゼループ

316-20

316-21

思ってたほど、この組み合わせ違和感がない。

 

316-22

316-23

316-24

なかなかいい感じですよね?

 

316-25

マグネットが引っ付いた時の様子もどうぞ…

お次は、せっかく両カラーが手元にあるので組み合わせて使ってみました。

 

「シルバーバンド」&「ブラックコネクタ」バージョン

316-26

316-27

316-28

ワンポイントでブラックが入っただけで印象はガラリと変わります。

シルバーのアルミケースなら、より格好良く見えそう。

 

「ブラックバンド」&「シルバーコネクタ」バージョン

316-29

316-30

お次は先ほどの逆バージョン。こちらもブラック系にシルバーが少し入るだけで、上品さがアップしたように感じます。

 

バンドは安価なため、2色買いして気分に合わせて組み合わせを変えながら、使うのも普通にありだと思います。

サードパーティ製でこれだけ良いってことは、純正はさらに良いのか?これがもし壊れた時は、純正ミラネーゼループの購入を検討しようと思うほど僕は気に入っています。もちろん人によって合う合わないがあると思うので、純正を買う前にお試し用として購入してみるのもいいかもしれません。

気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

 

販売ストアSHANSHUI

Share Happy!?

PAGE TOP