クーポン情報

Amazon COUPON もっと見る 掲載希望はこちら
Apple Watch

Apple Watch用バンド『PATCHWORKS AIR STRAP』は本革&TPUの二重構造でカジュアルからフォーマルまでいける

本日は、今月発売が開始されたPATCHWORKSのApple Watch用交換バンド『Air Strap』をご紹介したいと思います。バンドは純革とTPUの二重構造で、カジュアルからフォーマルまで幅広く使えるデザインになっている。

 

 

『PATCHWORKS AIR STRAP』グレー/38mmモデルを開封

281_1

今回ご紹介するのは『PATCHWORKS AIR STRAP』の38mmケース用のカラーがグレーになります。

38mm、42mm共にバンドカラーは「ブラック」、「グレー」、「ホワイト」、「ブラウン」、「レッド」の全5色。

 

281_2

バンド表面の素材はしっとりと手によく馴染む本革を使用している。

 

281_3

このようにパンチング加工することで、バンド内に空気を循環させ、長時間巻いていても蒸れづらくするという実用性も考えられたバンド。

 

281_4

バンドの留め方については、一般的な腕時計と同じスタイル。

 

281_5

バンド固定後、余ったベルトを留めるのも普通の腕時計と同じく、定革と言われる固定された輪と、遊革と言われる自由に可動させることができる輪があります。

 

281_6

バンド内側は弾力性のあるTPU素材を使用しており、いうならG-SHOCKのような感じ。

 

281_7

レザーとの組み合わせはとてもいい感じで、先ほどお伝えした表面のパンチング穴からサイドのくぼみを空気が通るようになっている。

 

ベルトを付け替えてみた

281_8

早速、僕の「Apple Watch Nike+/38mm/スペースグレー」に付けてみた。

バンドの交換方法「Apple Watch」バンド(ベルト)の取り外し&取り付け方法

 

281_9

バンドの側面や各パーツ類もブラックなため、スペースグレーケースとの相性は抜群に良い。

 

281_10

横から見るとこんな感じ。

 

腕に巻いてみた感想

281_12

281_13

バンドカラーにも寄るかもしれないが、付けてみた印象として、カジュアルすぎず、カッチリしすぎず、ちょうどその間といったところでしょうか。

 

バンドを腕に巻く際の注意点

281_11

腕に巻く際、普通の時計のように、わざわざ穴を見ずバンドを留めようとすると、くぼみに留め金が引っかかりました。これ内側の構造上仕方のないことではあるが、慣れるまでは以外にストレスを感じる人も多そう…。

 

281_14

レザーベルトって夏場の暑い時期に使うと蒸れたり、汗を吸い込み悪臭になったりと、結構気を使うが、内側がTPU素材かつ、エアー構造の『AIR STRAP』であれば、水回りの作業時に気を付ける必要はありますが、年中気にせず使えるのが最大のポイントじゃないでしょうか。

初めは革もTPUも固いので正直付け心地はあまりよくないが、使ってく内に良くなっていくと思います。

気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

 

SHOWCASE Online:http://shop.i-showcase.jp/shopdetail/000000000352

※リンク先でケースサイズの変更ができます。

Share Happy!?

PAGE TOP