クーポン情報

Amazon COUPON もっと見る 掲載希望はこちら
Apple Watch

【レビュー】Apple Watch使いなら持っておきたい『UGREEN Apple Watch用 2200mAh モバイルバッテリー』

Apple Watchを使う上でどうしても問題になってくるのがバッテリーの持ちだ。

日々の生活で使う用途が時計や通知機能がほとんどという人であれば、さほど気にすることもないが、GPS系やアプリなどを使いバッテリー残量に普段から悩まされている人や、出張・旅行の多い人は、是非持っておきたい『UGREEN Apple Watch用モバイルバッテリー』。

 

コンパクトかつ軽量で持ち運びがしやすいApple Watch用のモバイルバッテリー

こちらが本日ご紹介します『UGREEN Apple Watch用モバイルバッテリー』。

 

所々中国語が混じったパッケージに不安を感じる人もいるかと思うが、安心の「Made for Apple Watch(MFi認証もされているようです)」の表記もしっかりあり、38mm/42mm共にSeries1〜Series3までのApple Watchに対応している

スペック

  • 電池容量:2200mAh
  • 充電電圧:4.2V
  • USB出力:5V/1000mA
  • Micro USB出力:5V/1500mA
  • Apple watch充電モジュール:DC 5V/1000mA
  • サイズ:L13.9 x W3.95 x H1.6cm
  • 重量:95g
  • Micro USB 充電ケーブルの長さ:50cm
  • 製品保証:18ヶ月製品保証

 

内容物はモバイルバッテリー本体の他に、ケーブル長50cmのmicroUSB/USBケーブル、日本語非対応の取扱説明書、保証カードとなる。

 

手触りがサラサラでマットなラバー調のバッテリーは思ってた以上にコンパクトで軽量。

カラーはブラックとホワイトの2色が用意されている。

サイズは13.9cm(W)×3.95(H)×1.6cm(D)、重量が約95g。

 

バッテリーの側面には、電源ボタンとバッテリーを充電するためのmicroUSBポート。

 

その反対には、USB2.0規格になるが5V/1Aの出力用USBポートが搭載されている。

※iPadなどタブレットを充電したり、急速充電はできない。バッテリー自体2200mAhと少ないため、あくまでApple Watch用として使うのであればこちらのポートはおまけや緊急用として使うのがいいかと思います。

 

電源ボタンを押すと4段階でバッテリー残量の確認ができる。

また、Apple Watchや出力用のUSBポートから他デバイスを充電する際にも電源ボタンを押します。

 

実際にApple Watchを充電してみたが、ケーブルレスってのは持ち運びもしやすく楽な上にスッキリして良い。

 

長さもiPhone7とほぼほぼ同じくらいのポケットサイズということで、イベントや旅行の際には、マストアイテムになりそう。

 

0〜30%までの充電時間を計った所、純正ケーブルが約15分、UGREENモバイルバッテリーが約25分でした。

約10分ほど時間差はありましたが、持ち運びのしやすさやケーブルの煩わしさからの開放を考えると、全然許容できる範囲かと僕は思いました。

日常生活で必要な場面はハッキリ言って少ないように感じるが、出張や移動が多い人には、便利なApple Watch用モバイルバッテリー。

容量的にも通常バッテリーに比べると2200mAhはかなりしょぼく、スマホ用のモバイルバッテリーは別途必要になるが、Apple Watch専用バッテリーと考えれば、少なく見積もっても2回充電できる程度の容量が丁度良いのではないかと思う。

気になる人は是非チェックしてみてくださいね。

 

Share Happy!?

PAGE TOP