Life

【レビュー】『PLEMO 低反発クッションシート LM-F1』で長時間のデスクワークが快適に!

168_main

さまざまな便利・快適アイテムを提供するクレイボックスの『PLEMO 低反発クッションシート』は、デスクワーク時のイス、移動時の車や飛行機、足の不自由な人であれば車椅子と、長時間イスに座る人に持って来いのアイテムだ。

ポリウレタン製の低反発形状記憶フォームクッションは、至福の座り心地!

 

 

クッションのデザインは独特な形状!だけどそれがいい?

168_1

簡易的なビニール梱包された『PLEMO 低反発クッションシート LM-F1』

 

168_2

クッションカバーは、通気性のいいメッシュ素材を使用し、中央に空いた空気抜きは、十分な空間を保つことで、空気の循環を良くし、熱がこもらず快適にしてくれる。

クッションサイズは、44cm(横)×40cm(縦)×8cm(厚さ)と少し大きめの作りなので設置する場所(イスの座面など)が小さい場合は、しっかりと測ったほうがいい。

 

168_3

自然に座れることを前提にお尻や脚のカーブを作り、背中や背骨を支える圧力が、均等に軽減されたデザイン。

 

168_4

姿勢矯正のためサイドの厚みは約8cmと多少、分厚い作りでお尻や太もも部分の実際に座る場所は約3〜4cm。そのため、使用環境にもよりますがこのクッションを敷くことで座高の位置が過度に上がる心配はない。

 

168_5

後ろから。

 

168_6

サイドの厚みが分からねーよ!って人のために、iPhone 6 Plusと。

 

168_7

168_8

168_9

ポリウレタン製の低反発クッションは、高い復元力もあり、カラダの体型や姿勢など座る人に合わせた形に変化する。もちろん使わなければ数秒〜数分で元の形に戻ります。

※使用日数が数日なため、どれくらいの耐久性があるかはまだわかりません。

 

 

168_10

背面一体にしっかりとキープ力のあるすべり止め付き。

クッションでありがちな悩みのひとつ、座った状態でポジション変更をした時に一緒にクッションも移動してしまうことが上がると思うがこのクッションなら一度設置すれば、立ったり、座ったり、座った状態でポジション変更をしてもズレる心配はない。

 

168_11

また、クッションカバーは、取り外し可能で衛生面も問題ない。

 

168_12

この通りファスナーは完全着脱ができ、ジャストサイズのくせに付け外しは、意外と簡単にできた。

 

デスクチェアに敷いてみた

168_13

こちらが僕の普段座っているデスクチェア。

僕は、1日の大半をデスクチェアに座り過ごしています。そのため初めはフカフカで気持ち良かったイスのクッションは、1年かかることなくペタンコ状態…。

こうなると長時間同じ体勢で座ることが辛い。腰も痛くなるし、それをかばいケツも痛くなり、正しい姿勢で作業ができないのだ。

 

168_14

168_15

実際に『PLEMO 低反発クッションシート』を一般的なサイズのデスクチェアに敷くとこんな感じ。座ってみるとお尻の角度が変わったことで座る姿勢が自然と矯正され、確かに今まで感じていた腰やお尻の痛みは軽減されていると感じた。

Amazonの商品タイトルに記載されている脊髄矯正に効くかは不明ですが普通に座るよりも楽に正しい姿勢で座れているのは実感できるほど。

サイズは大きめなため、頻繁に場所を変えて持ち運びする用にはあまりむかず、決めた場所で使うのがいいかも。どれくらい使っていけるか耐久性などは、まだわからないが僕のように腰痛持ちの人には、なかなか満足できるクッションだと思います。最近、流行っている健康クッションに比べると比較的安値で購入できるのもオススメポイントかもしれない。

気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

PAGETOP