Life

【レビュー】安心・安全のため『CAT EYE(キャットアイ)バーエンドミラー BM-45』をロードバイクに導入したぞ

211_main

CAT EYE(キャットアイ)の『バーエンドミラー BM-45』は、自転車のバーエンドへ取り付けし、簡易的に後方の状況を把握するためのミラー。装着できるハンドルタイプは、ドロップハンドルの他にフラットハンドルにも対応しています。

 

『キャットアイ バーエンドミラー BM-45』を詳しくチェック

211_1

パッケージがこちら。

 

211_2

内容物はミラー本体と3mm六角レンチとなる。

取り付けは、付属の六角レンチのみで簡単にセットができます。

 

211_3

ミラー直径が45mm、黒枠を入れると約48mm、重量は約35g。

 

211_4

ミラーと100円玉を比較するとこんな感じ。

 

211_5

ミラー裏にボルト。

 

211_6

装着方法は、先ほどのボルトを付属の3mm六角レンチで閉めるとパーツがスライドしてハンドルバーの中で固定されるという簡単な仕組み。

内径16〜25.4mmのハンドルに適応。

 

『キャットアイ バーエンドミラー BM-45』の取り付け方法

211_7

まずはハンドルに付いたエンドキャップを外す。

※車道での自転車走行は左側が基本。なのでミラーは右側に取り付けする

 

211_8

次にバーエンドミラーを挿して付属の六角レンチで締めていく。締め付けの指定トルクは8.5Nmとのことですが緩すぎ、締めすぎでなければ問題ないと思います。

 

211_9

取り付けが完了すれば後は実際に自転車へまたがり後方が見える位置にセットする。

角度調整は固めですが微調整はしっかりとできる。また走行中、段差などでミラーがズレることはなさそう。

 

211_10

実際にロードバイクにまたがりミラーを見るとこのような感じになります。

ミラーサイズが小さいので見える範囲は限られていますが後方から接近する車やバイクを確認するには十分。

 

211_11

ロードバイクにミラーって正直ダサい…。

うんうん、分かります!僕も同意見です。

さらに目視の方が早いのでは?ってのも分かります。まあ確認範囲は狭くハッキリとした距離感は分かりませんが視線移動のみで後方の様子をある程度把握しながら走行できる安心感はとても気持ちがいいし、余裕を持った走行ができるようになります。街乗りや交通量の多いルートを走行する際はどうしても後方確認が無駄に多くなるしとても重宝してます。

しかしミラー確認のみですべてがオーケーってわけでもありません。あくまで基本は目視!ミラーは補助として使うのがグッド!

気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

PAGETOP