Life

【レビュー】とにかく節約したい!自転車用ヘッドライト&テールライトがセットで激安『HiHiLL LT-BL1』

193_main

AUKEYが販売する『HiHiLL ヘッドライト&テールライト LT-BL1』は、自転車のアクセサリ類を少しでも安く揃えたい人や、メインライトは持ってるけどバッテリー切れなど保険用にサブライトを探している人なんかにおすすめ!

 

※販売元をAUKEY JAPAN(メーカー直営店)にすると送料無料

 

『HiHiLL ヘッドライト&テールライト LT-BL1』の外観紹介

193_1

『HiHiLL LT-BL1』のパッケージ。

 

193_2

内容物は、ヘッドライト、ヘッドライトを固定するホルダー、調整用ラバー2枚、テールライト、テールライト用の電池(CR2032)2本、日本語対応の取扱説明書、保証書となる。

 

ヘッドライト

193_3

最大200ルーメンの明るさを放つLEDヘッドライト本体がこちら。

素材はアルミでカラーはブラック。ずっしり、ひんやりとチープ感は全くなし。

 

193_4

先端はニュル〜っと伸び縮みさせることでフォーカス調整ができます。先端が縮んだ状態なら広い範囲を照らし、伸ばすと範囲が狭くより強い光になる。

 

193_5

ライトの電源はこちら。

 

193_6

このライト基本的に単4電池3本で使うのですが18650電池1本でも使うことができる。18650電池ってあまり日本じゃ馴染みはありませんが海外ではこの規格の電池を使う製品も多いみたいです。

 

193_7

単4電池をセットする場合、白いソケットにもプラスとマイナスがあるのでご注意を。ブラスマイナスは側面のアルミ部分に記載があります。

 

193_8

単4電池の場合は写真左のように間にかませるパーツを一つ抜いてセットする。

電池をセットした状態の重量は約118g。

 

 電源ボタンを押すごとに高輝度→低輝度→点滅→消灯に変わる。

 

テールライト

193_9

テールライトはこんな感じ。素材は同じくアルミ素材となる。

 

193_10

裏面とラバー部分。

 

193_11

クルクル回して電池を入れる。ライト部分を押し込むことでライトが付く。

 

点灯→点滅(速い)→点滅(遅い)→消灯

 

ライトホルダー

193_12

これがヘッドライトのホルダー。

 

193_13

パイプの太さに合わせてラバーをかませる。

 

193_14

実際に取り付けるとこんな感じになります。テールライトは問題なくセットできましたがヘッドライトは写真の通り少し問題あり。

本当はホルダーの向きが逆になるはずなんですがその向きでライトをセットするとしっかりと固定ができないという…。(単4電池使用なんで間のパーツを一つ取り外して長さが少しだけ足りないのが問題かと)しかもネジがプラスチック製でガッチリ固定しようとすると指がめちゃ痛いっ。普通に使えなくはないけど、正直ホルダーはあまり使いたいと思わない…。自転車で使うなら別途ホルダーを用意するのがいいかもしれません。

ライトは200ルーメンなので街灯がある場所で使う分には問題ないと思います。僕も数回使ってみましたがライト自体は非常にコスパが高くて良いと思います。

気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

※販売元をAUKEY JAPAN(メーカー直営店)にすると送料無料

PAGETOP