Life

【レビュー】筒状ボディで高サウンド!お洒落で攻める『LEVIN Bluetooth ワイヤレススピーカー』

208_main

LEVINのBluetoothスピーカーは円筒のデザインが特徴的でとにかく見た目がお洒落!言うなら「スピーカーに見えないスピーカー」と言ったところだろうか。物理ボタンも背面にある電源ボタンのみで操作系はすべてタッチパネル式になる。

デザイン重視のモノってどうしても機能面もシンプルなんじゃないかと思いがちですがLEVINのBluetoothスピーカーは機能面、音質も非常によかった。

 

LEVINの洒落たBluetoothスピーカー

208_1

こちらがパッケージ。

 

208_2

内容物はスピーカー本体、バッテリー、microUSB/USBケーブル、3.5mmオーディオケーブル、日本語非対応の簡易説明カードとなる。ガジェットなどをよく触る人なら問題なく扱えると思いますが普段あまりガジェットを触る機会の少ない人にとって取説がないのは辛い。

 

208_3

LEVINワイヤレススピーカーは全体がマットなラバー質感。

サイズは230mm×65mm(長さ×直径)、重量は450g。

NFC機能を搭載しており対応デバイスならかざすだけで簡単にペアリングができる。(iPhoneはできませんでした)

 

208_4

スピーカーは完全に筒状でコロコロと転がるかと思いきや、操作部(黒い液晶部分)が少し上に向くよう(説明では45度)設計されている。

 

208_5

臨場感溢れるステレオスピーカーは両サイドに搭載。

 

208_6

背面には有線接続用のAUX端子、TF(microSD)カードの端子、USBメモリ用の端子、スピーカーを充電する時に使うDC5V(microUSB端子)、電源のON/OFFボタンとなります。

スマホと接続して音楽を楽しむだけではなく、microSDカードやUSBメモリに音楽ファイルを入れて音楽を再生することもできます。

 

208_7

「BL-5B」という交換可能なバッテリーは3.7Vの1200mAhで約6〜10時間音楽を連続再生できる。

 

208_8

背面のON/OFFボタンを約1秒ほど長押しすると電源がつき、前面にあるタッチ操作のパネルに項目が点灯する。

左から曲戻し、曲送り、再生・停止、現在のモード、ボリュームアップ、ボリュームダウン、モード切替となります。また操作パネルの下にはマイクも内蔵しているので、通話も可能です。

※上記画像ではFMモードになってますが周波数設定が日本になっていないので使えません。これは注意が必要!

 

ペアリング方法

208_9

一番右にある「M」のモードボタンをタッチするとBluetoothモードへ。

音声ガイダンスは非常に音がでかいのでお気をつけください。

 

208_10

接続デバイスのBluetooth設定を開くと「D-dragon」と表示がされるので選択し接続が完了すればペアリングが終わりだ。

 

208_11

音質はクリアで低音もそこそこ、音も良くでて大きくしても音割れもなく、スピーカーサイズや価格を考えると、十分と言える音質だと思います。

タッチ感度も良好で操作性もグッド!しかし逆を言えば少し触れてしまった場合に誤操作してしまうことがあるので電源を入れた状態で持ち運びするときはお気をつけください。他には物理ボタンじゃないので必ずボタンを見て操作する必要がある。またボタンをタッチした際、転がりにくくはなってますがゆらり程度に動くのが気になった。

まあデザインが気に入れば音質や機能面を考えても十分買いのスピーカーだと思います。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

PAGETOP