Life

【レビュー】通勤・通学に最適!シェア掛けタイプの『AUKEY ポータブルワイヤレスイヤホン EP-B29』

207_main

AUKEY ポータブルワイヤレスイヤホン EP-B29』は、外部音漏れも少なく、周囲の雑音を遮断するカナル型&シュア掛けタイプのイヤホン。柔軟な形状記憶ワイヤーを採用し、イヤーピースもS、M、Lの3サイズ付属しユーザに合わせて最適なフィット感が得られるのが特徴。また通話中に発生する風切音や回りの雑音を少なくしてくれるエコーノイズキャンセルテクノロジーというものを採用しているよう。

Bluetoothのバージョンは4.1テクノロジーで従来(ver3.0)よりも低電力で動作することができる規格となっており、より素早くスマホやタブレットなどのBluetooth対応デバイスと接続できる。

 

シェア掛けはフィット感が良い!耳も痛くなりにくい『AUKEY EP-B29』

207_1

パッケージの中身はこんな感じ。

 

207_2

内容物はイヤホン本体の他に充電用のmicroUSB/USBケーブルと軸が赤色のちょっと小洒落たイヤーピース(S、M、L)、日本語対応の取扱説明書、保証書カードとなる。

 

207_3

イヤホンの形状は見た感じ少し変わっているが耳によくフィットする。

 

207_4

もちろんシェア掛けということなので装着した時ケーブルは上に向く。ケーブルの先端には形状記憶ワイヤーを採用しているのでそれぞれ自分の耳に合わせてクネクネと曲げて使うことができます。

 

207_5

リモコンはR側(右耳)のケーブル途中にあるんですが、ヘッド部分に近く装着した状態での操作性は少し悪いと感じた。質感やボタンの押し心地などは良好。

リモコンの表面に上からボリュームアップ(単押し)/曲送り(長押し)、マルチファンクションボリュームダウン(単押し)/曲戻し(長押し)、LEDインジケータがあり、裏面の穴はマイクとなります。

 

207_6

ケーブルの長さ調整。

 

207_7

L側(左耳)に充電用のmicroUSBポート。

 

ペアリング方法(マルチペアリング対応)

207_8

電源のON/OFFは真ん中のマルチファンクションボタンを約3秒押し、ペアリングモードにする時は約7秒長押しする。

LEDインジケータが赤と青に点灯すればペアリングモードになっています。

 

207_9

接続したいデバイス側のBluetooth設定を開き、「AUKEY EP-B29」が表示されたら選択し、接続済みになればペアリング完了。ペアリング中はiPhoneならイヤホンのバッテリー残量表示もされるので充電状況がわかります。

マルチペアリング(2台のデバイスとペアリングする)

1台目を上記の方法でペアリングし、ひとまずペアリングしたデバイスのBluetoothをOFFにする。その状態でイヤホンをもう一度ペアリングモードにし(マルチファンクション7秒長押し)、ペアリングしたい2台目のデバイスのBluetooth設定を開き、接続をすればマルチペアリングができます。

 

207_10

『AUKEY ポータブルワイヤレスイヤホン EP-B29』いかがでしたか?

ケーブル調整もありシェア掛けでフィット感も非常に良くコンパクトなサイズで装着した時の見た目もスマート。ケーブルノイズも少なく、音質は高音から低音までバランスが取れた感じでなかなか良いと思いました。連続使用時間は通話が約7時間、スタンバイが最大約320時間、イヤホンの充電時間は約2時間となる。

気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

AUKEY:http://www.aukey.com/

PAGETOP