Life

【レビュー】これで重い荷物も苦にならない!TIMBUK2の「Alchemist Laptop Briefcase」

93_main

以前、ご紹介したTIMBUK2のクラシックメッセンジャーバッグ。
デザインはシンプルでありながら収納ポケットも多く、実用的で使いやすい。なので使用頻度はかなり高め。しかし、僕の用途では問題もでてきました。

クラシックメッセンジャーバッグには、ラップトップパソコンを収納する場所があるんですがスリーブケースなどを付けずに収納し長時間背負っているとパソコンが背中に直当たりでどうしても背中が痛くなるんです。
例えば13インチのMacBook Proに、ケーブル類、着替えや飲み物ぐらいなら全く問題ありませんよ。しかしプラスα、本や資料などを詰め込むとってこと。
その理由は、バッグの背面(背中に当たる場所)にクッション素材などが付いていないから。

そこでこの問題を解決してくれるバッグが今回ご紹介するTIMBUK2の「Alchemist Laptop Briefcase(アルキミストラップトップブリーフケース)」。
早速ご紹介しまーす。

 

以前の記事:【レビュー】普段使いのバッグはコレで決まり!「TIMBUK2 クラシックメッセンジャー」

 

TIMBUK2の「アルキミストラップトップブリーフケース」を詳しく見てみよう!

93_1

バッグのサイズは、MacBook Pro 13インチが入り使い勝手のいいSサイズ(21リットル)をチョイス。
大きさは、340mm(高さ)×400mm(横トップ)×385mm(横ボトム)×120mm(奥行き)。重さは、1.05kg。
このカラーはブラックですが他にも3色ある。

 

93_2

バッグの外観は、フラップ下のポケット、背面、ストラップ以外、防水素材となる。そのため、若干、光の加減でグレーっぽく写っていますが実際は、もっとブラックです。

 

93_3

防水素材ということでこのように外から水をシャットアウト!

 

93_4

フラップを留めるのは、TIMBUK2と彫られた鉄製のバックルで紐はゴム素材。

 

93_5

留めているところ。
留め側も受け側もゴム製なので結構楽に引っ掛けることができます。

 

93_6

ゴム紐が結構強めなので少し伸ばしてバックルを横にスライドさせて外す感じですね。

 

93_7

プラプラと垂れる調整ベルトではなく、バックルを5つあるゴム穴に引っ掛けて調整するのだ。もちろんベルクロ(マジックテープ)との2重留め。

 

93_8

フラップを開くと収納ポケットが2つ。

 

93_9

開け閉めは、マジックテープ式。

 

93_10

向かって右側のポケットは、フラップ操作なしでサイドからアクセス可能なジッパーが付いている。

 

93_11

このジッパーは、フラップを閉めた状態でもポケットの中にアクセスができるのでめちゃくちゃ使用頻度は高いです。財布や鍵などよく使うものを入れておくと便利。

 

93_12

バッグの中は、こんな感じになってます。

 

93_13

マジックテープを外すとタブレットとノートパソコンを収納するポケットが2つあります。

 

93_14

このポケットにはタブレットなどを収納できる。

 

93_15

このポケットにノートパソコン収納することができます。しっかりクッションも効いてるのでそのまま、ノートパソコンを入れても問題ないですよ。

 

93_16

反対の面には、オーガナイザーポケット。

 

93_17

オーガナイザーポケットの上にジッパー付きの収納もあります。
この中にクロスストラップが入っています。

 

93_18

これがクロスストラップ。
クロスストラップの使い方などは、以前の記事をご覧ください。

以前の記事:【レビュー】普段使いのバッグはコレで決まり!「TIMBUK2 クラシックメッセンジャー」

 

93_19

バッグ内側の左右には、ウォーターボトルポケットも。
バッグの中身は、こんな感じですかね。

 

93_20

外観に戻ってバッグの上部には、ブリーフケースやビジネスバッグとしても使えるようにグラブハンドルが付いています。それ以外にもちょっとバッグを持ち上げる時なんかにこのハンドルは大活躍してくれます。

 

93_21左がクラシックメッセンジャーバッグ、右がアルキミストラップトップブリーフケース。クラシックメッセンジャーバッグに比べるとストラップの太さが分かると思います。それだけ肩への負担も軽減されます。

ストラップの調整は、クラシックメッセンジャーバッグと同じなので以前の記事をご覧ください。

以前の記事:【レビュー】普段使いのバッグはコレで決まり!「TIMBUK2 クラシックメッセンジャー」

 

93_21

そして今回、僕が一番注目しているところがバッグの背面。
シックスパーーック!っみたい、、、

 

93_23

背面の上のところにあるこの紐は、キャリーバッグに通して使うことができるあれですね。

 

93_24

防水外部ジッパー。

 

93_25

防水外部ジッパーを開けばフラップをわざわざ開かずにバッグの中のものにアクセスができます。

 

93_26

そしてこの背面に付いたクッション。
重い荷物を持つ時は、このクッションがあるとないとでは、カラダへの負担が大分変わってくると思うんですよ。これいいわ〜!!!

 

93_27

実際に荷物を入れるとこんな感じになります。

  • メインの収納場所:MacBook Pro 13インチ、iPad、フォルダ、本、手帳
  • オーガナイザーポケット:モバイルバッテリー、ペン、Wi-Fiルーター
  • オーガナイザーポケット裏のジッパー:ケーブル類
  • 外部ポケット:マウス、電源アダプター
  • 外部ポケットの横ジッパーが付いている方:財布、カードケース、キーケース

これだけのものを綺麗に収納することができます。

 

TIMBUK2のAlchemist Laptop Briefcase(アルキミストラップトップブリーフケース)いかがだったでしょうか?
クラシックメッセンジャーバッグに比べるとバッグ自体の重さが300gほど重くなってしまうのが難点ですが荷物の量が多いという方は、背面クッションと少し太めのストラップが付いたこのバッグがいいと思います。

TIMBUK2のバッグは、ホントに使いやすいのでおすすめですよ。
気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

TIMBUK2:https://timbuk2.jp/

PAGETOP