Life

【レビュー】普段使いのバッグはコレで決まり!「TIMBUK2 クラシックメッセンジャー」

82_main

TIMBUK2のメッセンジャーバッグの中で、もっともスタンダードなモデルである「クラシックメッセンジャー」の2014年モデル。カラーやサイズも豊富で用途に合わせて選ぶことができる。

自転車乗りは、もちろんですが普段の通勤、通学、旅行なんかにも使えてオシャレで機能性も抜群によかったのでご紹介したいと思います。

 

TIMBUK2とは?

82_1

1989年に誕生し、サンフランシスコに拠点を置くアーバンライフスタイルを提案するTIMBUK2は、メッセンジャーカテゴリーにおいて米国市場シェア率No.1(44%)を誇ります。デザインとタフネス、スムーズなクロスストラップなどの機能を集約した逸品をリリースし続けるバッグブランド。

特徴的な3パネルデザインとカラフルなバリーエーション、一目で分かるスワール(渦巻き)ロゴマーク。数あるメッセンジャーバッグブランドの中で、機能的で丈夫・スタイリッシュなデザイン・高い品質の3点からユーザーから高い信頼を獲得している。

ほぼ全てのアイテムがPCフレンドリーで機能面は充実しており、GoogleやTwitter、Facebookの従業員向けバッグをコラボし、Apple.comではSpire Backpackがベスト3の実績あり。

 

 

シンプルなのに抜群に使い勝手がいいTIMBUK2のクラシックメッセンジャーSサイズ

82_2

今回ご紹介するのは、クラッシックメッセンジャーの「カーボンフルサイクルツイル」というカラー、「S」サイズ(14リットル)。

早速、詳しく見ていきましょう!

 

外観仕様

82_3

バッグの表は、こんな感じ。
Sサイズは、270mm(縦)×410mm(横トップ)×350mm(横ボトム)×130mm(奥行き)、重さ0.69kg。

 

82_4

このようにMacBook Proの13インチがすっぽりと入るサイズでノートパソコンを持ち歩く機会の多い人には、何とも嬉しいサイズ感。

 

82_5

デザインは、とてもシンプルで正面のフラップに「TImBUK2 SAN FRANCISCO」と書かれたネームタグ。

 

82_6

ベルトの先にある反射素材にもロゴがあります。

 

82_7

ショルダーストラップのクッション部分にロゴマークの刺繍。

 

82_8

パッド裏はメッシュになっています。
クッションは、厚みもそこそこあるのでこのサイズに入るくらいの荷物なら肩への負担は、かなりマシになります。

 

82_9

バッグの裏(背中に当たる部分)は、こんな感じでグラブハンドル(取っ手)が付いていてバッグを下ろしている時は、これが意外に使える。

 

82_10

バッグを下ろしている時に取っ手を持ってバッグを持ちあげる時に使うやつ。

 

82_11

荷物が少ない時は、バックルのベルトを調整して底を絞ればバッグの厚みを抑えて薄くできるので中の物がごちゃごちゃになる心配もなくなります。

 

82_12

絞るとこのようになります。

 

82_13

82_14

開封は、ベルクロ(マジックテープ)とバックルの2つがついているのでしっかりカバーでき、物によっては、ベルクロのみでもOK。
バックルがフラップの内にあるので見た目がスッキリしている。

 

内観仕様

82_15

内側は、もちろん防水加工。
そしてポケットは、全部で11箇所もあり収納力抜群。

 

82_16

まずは、フラップを開いてすぐのジップポケット。ここには、鍵なんかを付けておけるストラップも付いている。

 

82_17

その後ろにもポケットがある。

 

82_18

横にもジップポケットがあり、ここはフラップを上げずに出し入れができるので携帯や財布などよく出し入れする物を入れておくと便利。

 

82_19

ノートパソコンや雑誌、書類の収納に便利なスラッシュポケット。

 

82_20

仕切りは、0.5mm程度のクッションもあり安心して収納することができる。

 

82_21

反対側には、オーガナイザーポケット。
幅約5cmのペンなどをさしておけるポケットが内に2つ。
幅約10cmのスマホやモバイルバッテリーを収納することができるポケットが両端に2つ。

 

82_22

その上にもジップがありここにも収納が可能。

 

82_23

左右には、ペットボトルや水筒を収納できるウォーターボトルポケット。

 

82_24

片側は、メッシュポケットになっている。

 

おすすめポイントと付属品。

82_25

ポイントの一つがここ。

 

82_26

フラップを閉じた時、このように織り込まれて雨などが入りにくいよう作られているんです。

 

82_27

そしてこのバッグ一番のオススメポイントは、ショルダーストラップ!
メッセンジャーバッグと言えばカラダにフィットさせて使うのが一般的ですがストラップの調整がすこぶる楽。

 

82_28

バックルのヒモ部分を上にパコッと上げたら、

 

82_29

後は、スライドさせるとこのとおり。
長さ調整がワンタッチで超楽にできる。

調整方法については、以下の動画(場所2:56〜)をご覧ください。

どうです?
なかなかいいでしょ?

 

 

82_30

さらに密着させて使いたい方は、付属品でクロスストラップも付いています。
使用方法は、以下の動画をご覧ください。

普段使いの方は、あまりクロスストラップを使う機会がないと思うので家で保管したり、バッグのポケットの中に収納させておくといいと思います。

 

82_31

クロスストラップは、このようにバッグに装着しておくこともできます。

 

「TIMBUK2 クラシックメッセンジャー」のSサイズは、これだけ収納できる!

82_32

収納済みバッグがこれ。
普段持ち歩いているものとプラスアルファのものを入れています。

 

82_33

厚みはこれくらい。

 

82_34

ジップポケットには、ケーブル類を収納。

 

82_35

ストラップには、キーケースとキーホルダー等を付けています。

 

82_36

ストラップは、使用頻度が高いのですぐに使えるようにジップポケットの裏の収納場所にほりこんでいます。

 

82_37

横ポケットには、携帯とイヤホンを収納。

 

82_38

内ポケットには、モバイルバッテリー、Wi-Fiルーター、ペン。

 

82_39

ここにモバイルバッテリーを収納すれば、わざわざ取り出す必要なく、移動中でも充電が可能。

 

82_40

その後ろのジップポケットには、目薬やリップなどを収納。

 

82_41

ウォーターボトルポケットの片側に、本を開いて置く時に使う「FlipKlip」を収納。

 

82_42

中は、こんな感じでドッサリと入っております。

 

82_43

パンパンになるまでは入れてませんがこれだけのものを入れていました。

 

TIMBUK2クラシックメッセンジャーいかがだったでしょうか?
カバンとしての機能・デザインと僕は、かなり気に入っています。

バッグの購入をお考えならカラー、サイズが豊富なうえに値段もお手頃なので候補に入れてみてはいかがだろうか。

僕もブラックカラーが欲しくなったので2つ目の購入を検討中。

男性だけでなく、女性にもおすすめのバッグの紹介でした。

TIMBUK2日本公式サイト
https://timbuk2.jp/ 

PAGETOP