Apple

Macアプリ「Aperture」を購入できるラストチャンスが迫ってるゾ!!

31_main

OS X用の「写真」アプリがこの春リリースされると同時に「Aperture」は、Mac App Storeから購入できなくなるとAppleが発表しています。

「Aperture」の開発は、去年の6月の時点で中止しており、この先アップデートなどされることはなくサポートもされないでしょう。それでも「Apertureを使いたいんだ」って人はいるでしょう。

そんな人たちは、春までに急いで購入しないと「Aperture」をGETできなくなりますよ。

 

 

Apertureとは

以下Apple Storeより引用

あなたの写真にプロにふさわしい仕上がりを。Apertureには画像を完璧に仕上げるためのより洗練されたツールや、ベストショットを探し、選ぶためのよりパワフルな機能がそろっています。
新たにMacBook Pro Retinaディスプレイモデルのための最適化も行ったので、あらゆるものをまったく新しい視野で見ることができます。

 

読み込む

31_1

ApertureとiPhotoにあるすべての写真を一か所で。

ApertureとiPhotoの写真が、初めて一つのライブラリに統合されました1。どちらのアプリケーションからでもライブラリを開き、写真に調整を加えていけます。一つのアプリケーションからもう一つのアプリケーションに写真を読み込んだり、書き出したり、同じ処理を繰り返したりする必要はないので、ライブラリを開いたらすぐに編集を始めることができます。「人々」と「撮影地」機能、アルバム、スマートアルバムも、両方のアプリケーションで使えます。
Apertureでプロ仕様の編集をしてから、 iPhotoに戻ってそれをカレンダーやカードにする、といった使い方もあります。プロにふさわしい使い方にも、シンプルな使い方にも対応する、いつでも便利なライブラリです。

ベストショットがすばやく見つかる。

Apertureは瞬時に読み込みを開始します。カメラが生成したプレビューを一段と効率良く使うので、撮影した写真が表示されるのを待つ必要はなく、その場ですぐに写真をブラウズし、セレクトを進めていけます。Apertureはファイルの読み込みと同時にシャッター速度、絞り、レンズ、焦点などのデータを取り込み、写真の整理を始めます。キーワードの追加や調整エフェクトの適用もでき、セカンドドライブに元の画像を自動的にバックアップすることもできます。Apertureに一度読み込まれた写真は、統合ライブラリか元のフォルダ、もしくは外付けドライブに保存されます。さらにApertureは、あなたのiCloudのフォトストリームにも写真を自動的に追加します。

 

整理する

人ごとに整理する。

31_2

iPhotoで人気の「人々」機能が、Apertureでいっそうパワフルになりました。iPhotoと同様、「人々」機能は顔認識テクノロジーを使って写真に写っている人を見つけます。あなたが人物を確認すると、「人々」機能がライブラリまたは個々のプロジェクトをすばやくスキャンして、同じ人が写っているほかの写真を探し出します。例えば「結婚式」プロジェクトで花嫁の父の写真を探す場合、一枚の写真でこの人の顔を確認すると、「人々」機能が似た人物が写っているほかの写真を見つけ出します。あとは候補写真を確認するだけで、写真に花嫁のお父さんの名前が追加されます。

撮影地ごとに整理する。

31_3

「撮影地」機能を使うと、写真の整理が圧倒的に簡単になります。この機能は、GPS対応カメラとジオトラッキング装置の位置データを一般的な場所の名前に変換します。そして、その場所を「撮影地」マップ上にピンで表示します。カメラがGPSデータをキャプチャできない場合は、写真を地図上にドラッグして場所を割り当てましょう。あとで写真をブラウズする時は、地図上の場所を示すピンをクリックするだけで、その場所で撮ったすべての写真がすぐに表示されます。

好きな方法で整理する。

31_4

プロジェクトを年ごとに分類したり、階層フォルダにまとめると、どんなに巨大なライブラリでもすっきりと整理できます。内容を説明するキーワードやメタデータを追加しておけば、Apertureのパワフルな検索エンジンを使って、様々な条件で写真を探すことができるようになります。

 

フォトストリームがすべて自分でやります。

31_5

iCloudのフォトストリームは、ワンクリックでいつでも見ることができる、最新の写真1,000枚をまとめたコレクションです2。フォトストリームにある写真をいったんライブラリに読み込むと、あとは編集も並べ替えも自由自在。フォトストリームにあるすべての写真をフォトライブラリに自動的に読み込ませ、撮影した年と月ごとに整理することもできます。好きな写真を好きな時に手動で移動させたい時は、自動読み込み機能をオフにしましょう。

 

比較して選ぶ

フルスクリーンで写真をブラウズ。

31_6

写真を選択したり、並べて比較する時は、美しいApple製ディスプレイを隅々まで使えます。写真のブラウズは高速。複数のプロジェクトの切り換えも瞬時に行えます。セレクト作業を行う段階になったら、レート、フラグ、カラーラベルを使ってベストショットを整理していきましょう。ルーペを使って細部をチェックしたり、複数の画像のズームやパンを一括で行うこともできます。

 

完璧に仕上げる

31_7

エフェクトの追加を簡単に。

あなたの写真をクロス処理したように見せる。ビンテージカメラで撮ったようなテイストにする。色をとびきり鮮やかにしたり、完璧なトーンの白黒写真に変えてみる。Apertureには写真の印象を大きく変えるエフェクトが豊富に用意されていて、エフェクトをプロジェクト全体にかけることもできます。様々な処理テクニックやスタイルの適用、色の修正、画像の補正もワンクリック。オリジナルのエフェクトも作ることができ、それらを保存しておけば、いつでも簡単に適用できます。画像全体の色を修正するなら、先進的なホワイトバランス機能を使いましょう。パワフルな調整セットをあなたの写真に賢く適用する、プロ仕様の自動補正機能も用意されています。さらにApertureは、画像がフラットに見えないようにしながら、白飛びした部分を回復し、暗くなった部分を明るくします。すべての調整は非破壊処理されるため、変更はいつでも取り消すことができ、オリジナルのマスター画像を回復することもできます。

精密なブラシ。

非破壊処理ブラシを使えば、マスクやレイヤーを作成せずに、画像の特定部分のみを選んで調整できるようになります。覆い焼きや焼き込みをしたり、ぼかし、スキンスムージング、偏光などのエフェクトを適用しながら、ブラシのサイズ、柔らかさ、強さをコントロールしていきましょう。15種類のクイックブラシは、ほとんどの一般的なタッチアップをわずか数ストロークで処理できるようにします。空の色は変えずに山の色だけを濃くしたい場合など、細かい部分をより精密にレタッチしたい時は、エッジを検出するオプションを使えば簡単です。

 

共有する

31_8

カスタマイズできるマルチメディアスライドショー。

写真、カスタムタイトル、HDビデオ、多重サウンドトラックを使った、魅力いっぱいのマルチメディアスライドショーを作ってみませんか。Apertureのテーマ別スライドショーテンプレートから選び、写真やビデオをドラッグするだけで簡単に制作できます。もっと個性的な作品にしたいなら、クラシックまたはKen Burnsのテーマを選び、トランジション、背景とボーダーの色、タイトルのフォント、サイズ、スタイルをコントロールしましょう。スライドショーの共有も同様に簡単です。ApertureからスライドショーをiTunesに書き出せるので、iPad、iPhone、iPod touchにシンクするだけで、どんな場所でもみんなで楽しめるようになります。

書き出しも簡単。

写真を共有する準備ができたら、FlickrやFacebookへの送信はクリック数回。様々な書き出しプラグインを使って、SmugMug、iStockphoto、PhotoShelterなどのサイトに写真を直接アップロードすることもできます。ApertureはOS Xメディアブラウザと連係するので、ライブラリの写真をiLifeやiWorkの書類に挿入するのも簡単です。写真をいろいろな場所へ持ち歩きたい時は、iPad、iPhone、iPod、Apple TVにシンクさせましょう。

 

洗練されたフォトブック

31_9

オリジナルのフォトブックをオーダーメイドで。

素晴らしい質感を持つ、美しいフォトブックをAperture上で作り、オーダーしてみませんか。Apertureには大、中、小、そして33×25.4cmの特大サイズのブックをデザインするためのツールと、プロ仕様のブックテンプレートがそろっています。テーマ別に選べるテンプレートは11種類。テキストとフォトボックスを追加、削除したり、それらのサイズを変更してテンプレートをカスタマイズし、世界でただ一つのフォトブックを作ることもできます。すべてのハードカバーブックにはサテン調の裁ち切りの表紙とブックカバーがついていて、仕上がりは本格的。統合ライブラリではどちらのアプリケーションで見ても同じ場所に写真があるので、Apertureで補正した写真を使ってiPhotoでカードやカレンダーを作るのも簡単です。

トラベルマップを入れよう。

「写真エッセイ」や「ジャーナル」のテーマを使えば、カスタマイズできる地図をフォトブックに加えることができ、ブックの中の写真を撮影した場所が一目でわかります。旅行の写真集を作る時は、写真と一緒に保存された位置データにもとづく地図を追加して、旅のルートをたどることもできます。

洗練されたブックテーマ。

Apertureに用意されている11種類のブックテーマの中には、フォトジャーナル風のシンプルでエレガントなレイアウトの「写真エッセイ」や、スクラップブック風のボーダーと大きな見開きページが特長の「ジャーナル」などがあります。

思いのままにプリント。

Apertureには豊富なプリントオプションが用意されています。余白をカスタマイズするのも、用紙サイズに合わせてその場でトリミングするのも、幅とサイズをカスタマイズしたボーダーを加えるのも思いのまま。財布に入るサイズのカードやパスポート写真を作ることもできます。色はカラー管理されたプリントエンジンが忠実に再現。明るさ、コントラスト、彩度、シャープネスを変更して画像を微調整するのも、大型プリントやコンタクトシートに好きなフォント、サイズ、スタイルでメタデータを追加するのも自由自在です。それぞれのシートに、ウォーターマークやロゴ入りのオリジナルヘッダを加えることもできます。思い通りにセットアップできたら、設定をプリセットとして保存して次回プリントする際に活用しましょう。

 

Apertureのダウンロードはお早めに!! 

PAGETOP