Apple

Macで不要になったアプリをアンインストールするなら無料の「AppCleaner」がおすすめ!必須アプリ!

4_main

不要になったアプリは、アイコンをドラッグ&ドロップでゴミ箱に入れただけじゃアプリに関連するファイルが残ったままになってしまう。しかし不要になったアプリと一緒に関連ファイルもしっかりアンインストールすることができるアプリがあります。

 

使わなくなったアプリをキレイにアンインストールできる[AppCleaner]の使い方

4_1

まだ「Appcleaner」をお持ちでない方は、公式ページのこちらから。
ダウンロードは、無料です。[2015.01.12/確認]

 

4_2

インストールが済み、アプリを起動させると上記のウィンドウが表示されます。削除方法は、下記をご覧ください。

 

ドラッグ&ドロップで削除

4_3

「Finder」の「アプリケーション」フォルダから不要なアプリを直接ドラッグ&ドロップするとアプリと関連ファイルを見つけてくれるので問題がなければ右下の「削除」をクリック。

 

「アプリケーション」クリックで削除

4_4

ウィンドウ上部にある「アプリケーション」アイコンをクリック。アプリ一覧が表示されるので不要なアプリのチェックボックスにチェックを入れ、「検索」をクリック。するとアプリの他に関連ファイルも見つけてくれるので問題がなければ右下の「削除」をクリック。

 

アプリ以外の削除

4_5

他にもウィンドウ上部にあるアイコン「ウィジェット」は、ウィジェットを。「その他」は、プラグインやジェネレーターもアンインストールすることが可能。

 

あまり頻繁に使用するアプリではありませんが入れて損はない必須アプリだと思います。アンインストール方法にお困りの方は、是非お試しあれ。

PAGETOP