Apple

Macで簡単なメモを取るなら通知センターで使える「Swift Note」がおすすめ

85_main

以前、このサイトでもご紹介したMacの通知センターで使えるメモアプリ「Best Notes Plus Widget」。
欠点をあげるとすればメモ帳のサイズが大きく、通知センターを大半埋めてしまうということ。サイズ変更ができれば申し分ないのですがやはり大きさが気になってしまう。

そこで今回は、同じく通知センターで使えて僕の用途にあったメモサイズのアプリ「Swift Note」のご紹介。

 

Swift Note
Category : 仕事効率化
Price : 無料
※アプリ料金については、App Storeでご確認お願いします

 

「Best Notes Plus Widget」と「Swift Note」の違い

85_1

左が「Best Notes Plus Widget」右が「Swift Note」となります。
「Best Notes Plus Widget」は、ほぼ全ての領域を独占し、通知センター内にある他のアプリを使用するには、スライドが必要になる。
一方、「Swift Note」は、メモサイズが小さくスライドなしで下にある計算機を使えるのがわかると思います。

 

「Swift Note」の設定方法

85_2

アプリのダウンロードが済み「Swift Note」を起動させると上記のウィンドウが表示され、「Edit」を押せば通知センターに追加される。
また、設定できるのは以下2つ。

  • ・Always show “Add” button(メモを追加する為のボタンを常に表示させておくか)
  • ・Allow editing color notes(メモのカラー編集をできるようにするか)

Always show “Add” button

85_3

この設定は、メモの下にメモを追加する為の「Add」ボタンを表示させておくかの設定。

 

Allow editing color notes

85_4

この設定は、右上にある「 i 」アイコンをクリックした時、カラーを変更する一覧が表示されますがこれを表示させないようにする。

 

Swift Note
Category : 仕事効率化
Price : 無料
※アプリ料金については、App Storeでご確認お願いします

 

Best Notes Plus Widget
Category : 仕事効率化
Price : ¥120
※アプリ料金については、App Storeでご確認お願いします

 

「Swift Note」いかがでしたか?

簡易メモを常に置いておくと結構便利ですよ。
気になった方は、チェックしてみてください。

PAGETOP