Apple

【レビュー】マリンスポーツやウィンタースポーツ、お風呂でも大活躍するMpowのスマホ用防水ケース

130_main

今回ご紹介するMpowの『スマホ用防水ケース』は、6インチ(iPhone 6 Plusは5.5インチ)までのスマホに使える防水ケース。30分間、1.5〜30メートルの水深なら水の侵入をしっかり防ぐことができるというもの。

Amazon商品リンク:Mpow スマホ用防水ケース iPhone6S/6S Plus/6 Samsung GalaxyS6などに対応 防水IPX8

いろんな場面で大活躍してくれること間違いなしのMpowのスマホ用防水ケースを試す

130_1

防水ケースと言えば夏のプールや海での使用が代表的ですが他にもスキーやスノボなどのウィンタースポーツ時や毎日入るお風呂での使用もできたりと安く手に入れることができるわりに、なかなか重宝する万能ケース。

また、Mpowの防水ケースの特徴は、何と言っても両面がクリアであることだ。

その理由に付いては、後々説明します。

 

130_2

内容物は、防水ケース本体とストラップとなる。

 

130_3

高品質な高透明度のPVC素材を採用しているのでスマホをケースに収納したままタッチ操作はもちろん、クリアで中身が見やすい。

 

130_4

ケースの開き方は、左右にあるクリップを外から内に持ち上げることでロックが解除されるという仕組みだ。

 

130_5

クリップは、開きやすいように指先が引っかかる程度のへこみもあるのでロックの解除は、しやすい。

 

130_6

これが解除した状態。

 

130_7

クリップが立った状態で開くとデバイスの挿入口が見える。

この内側が凸凹な構造で水の侵入を防いでいるみたいだ。

 

130_8

iPhone 6 Plusにリング付きのクリアケースを装着して丁度くらいのサイズ。

 

130_9

ビニールの上からであることと、ケースの中に空気も少し入ってしまうので操作性は、抜群にしやすいとは言えないがビニールの透明度は申し分なく液晶画面は、とても見やすい。

また、先ほど言ったように両面クリアのいいところは、水中撮影ができることや中身の把握がしやすいことがあげられる。スマホ用の防水ケースと言ってもお札や小銭、鍵などの貴重品も一緒に入れることもあるのでそういった際、両面クリアであることで確認しやすい利点がある。

 

130_10

付属のストラップは、着脱式なので用途に合わせてサッと使い分けができる。

 

130_11

実際に使用してみた感想としては、リング付きのケースで試したからかもしれないが挿入口がタイトなため、スマホの出し入れが少ししづらいことと、操作も少ししづらいと感じた。

そこ以外は、特に不満はなく、風呂での使用も問題なく使え、防水性やケースに入れた状態でのカメラ撮影も完璧だ。

記事公開時の値段は、送料込み799円と激安なので100均の防水ケースやジップロックを使った防水対策をしている人は、購入することをおすすめする。

気になった人は、ぜひチェックしてみてください。

PAGETOP