Apple

【レビュー】iPhoneのデザインを損なわずに使える手帳型ケース!パワーサポート「Air Jacket Flip for iPhone 6 Plus」

88_main

iPhoneケースの中でも有名なパワーサポートの「Air Jacket(エアージャケット)」にフリップタイプのケースが発売されております。

今回は、そのフリップ型iPhoneケース「Air Jacket Flip for iPhone 6 Plus」のご紹介。

パワーサポート
http://www.pawasapo.co.jp/

 

「Air Jacket Flip for iPhone 6 Plus」を詳しくみてみよう

88_1

まずはパッケージ。今回ご紹介するタイプは、iPhone 6 Plus用ですがiPhone 6用も、もちろんあります。

 

88_2

パッケージ上にある黒い引っ掛け部分を背面に向かってそらすことでパッケージを開くことができます。

 

88_3

カラーはブラックがない為、一番濃いカラーのグレーをチョイス。他にもシルバー、ゴールド、ホワイト、ブルーの計5色が用意されています。

 

88_4

ジャジャーン。
これが「Air Jacket Flip for iPhone 6 Plus」のケース本体。

 

88_5

背面は、Air Jacketと同じで薄くて軽い、ポリカボネート製のクリアジャケットとなる。

 

88_6

このケースのキモである、液晶画面を保護するフリップカバーは、ヒンジで支えてiPhoneを装着して固定するようになっています。
なのでiPhoneを装着してなければフリップカバーは、簡単にポロッと外れる仕様となっています。

 

「Air Jacket Flip for iPhone 6 Plus」装着

88_7

早速iPhoneを入れてみます。
装着方法は、左上からはめていきます。

 

88_8

次に右上をはめる。

 

88_9

後は、下の両方を押し込めば装着完了。

 

88_10

装着後は、こんな感じになります。

 

88_11

サイレントスイッチ・音量ボタンは、ズレもなくアクセスも全く問題なく使えます。

 

88_12

電源ボタン側も同じく。

 

88_13

下部の各穴もしっかりと綺麗に開いております。

 

88_14

カメラ部分がケースより出っ張る心配もございません。

 

88_15

背面の様子。

 

88_16

閉じると液晶画面全体をしっかりと覆ってくれる。

 

88_17

ここで一つ注意点。
通常の手帳型カバーの多くが左開きですが「Air Jacket Flip for iPhone 6 Plus」は、右開きということ。

 

88_18

フリップカバーの内側には、カードを1枚収納するポケットがあります。

 

88_19

カード収納部分は、くぼみがあるのでカードの厚みだけ盛り上がるなんて心配もありません。

 

88_20

カードを入れてフリップカバーを閉じるとこんな具合に。
液晶画面に分厚いガラスプロテクター等を貼っている場合は、画像のように少し浮いてしまうかもしれませんが全く問題なく使用することができるのでご安心を。

 

88_21

またフリップカバーには、マグネットなどが付いていないので逆さにすればパカッとカバー部分が開きます。

 

各所フォトスナップ

88_22

88_23

88_24

88_25

88_26

88_27

88_28

パワーサポートの「Air Jacket Flip for iPhone 6 Plus」いかがでしたでしょうか。iPhoneのデザインを損なわないクリアハードケースにカバーが付いた手帳型ケース。

クリアケースが好きだけど通知は見られたくない方などは、デザインもシンプルでとてもいいと思います。

気になった方は、ぜひチェックしてみてください。

パワーサポート
http://www.pawasapo.co.jp/

 

PAGETOP